S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

About
Selected Entry
Recent Comment
Archives
Categories
LINKS
Recent Trackback
Now i'm waiting for



みくし生息中
For my taste



[Bling]ブログにクチコミを書いて話題の製品やおこづかいをゲット[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

ブログでクチコミ B-Promotion
Connection
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

あわせて読みたいブログパーツ




qrcode
↑携帯からも見てね↑
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
応援! ブログ村ランキング| - | - | -
write菜美
19−笑顔で同意。
一昨日は、8月5日以来のお久しぶり過ぎるクリニック。
1か月以上間があるって、普通は考えられないけど
実家帰省してた&薬も多めにもらっていたし♪
だけど、さすがにストック切れたのと、そうでなくとも
つくバックしてから親との関係が ぷちん って。

だから、こりゃー行かなくちゃ! と思ってはいたけど
からだが妙にひとりで出かけるのが怖かったりして。
でも用事もあったから、やっと何とか行って来られた!
久しぶりのクリニック、特に変化はなかったけれど 昨日は結構面白かった!
というのも、クリニックだからある程度特殊な方をお見かけするのは慣れてるし、
それも「大変だな」って思うのだけど、昨日のぶっとびおば様は 看護師もタジタジだったなー。

と、そんなのを横目でこっそりやりとりを伺ってる間に、あたしの名前を呼ぶ声。
診察室に入って、変わらないNちゃんだけど、ハートのネックレスとかキラキラしていて
「あっれ、前はこんなに若作り(←失礼)してたっけ?」なーんて思ってみたり。
結局あたしは、この部屋に来ると無遠慮で裸になれるから、楽なんだなと再確認。

「どーですかー?」のいつものお決まり台詞は、さすがに1か月のスパンがあるあたしには
饒舌に説明できるにはかなり苦労が要ったけど、それでも要点はきちんと説明して。
母親に言われた言葉、そのまま客観的に言ったらば「えーーー?!」と主治医Nちゃんですら
「そりゃないわよね」って顔して、ものすごく失笑していて、同じくあたしも失笑・笑。
それだけでも、かなりこころが楽になったし、あーあたしがおかしいんじゃないんだと
そう思えたのだけど、極めつけに“医者”として 分析や思考をめぐらせた結果の発言、
「あなたは病気だとしても、本当に病気なのはあなたのご両親(特にお母様)だと思うわ。」

・・・これですよ━━ヽ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )メ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )メ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )ノ━━!
この言葉を聞いたときに、どんだけあたしが「ああ、そうよね」と救われたことか!
医者的には母親を診察したそうだったけれど、こんなことたとえ母親に行ったとして
わざわざ東京まで来るはずもなく、あたしに偏見を持っているのだから 自分がまさか
「おかしいです」なんて示されたら、余計に「医者に親の気持ちなんて解らない!」と
いつもながらの失礼極まりない発言してヒステリー起こすだろうから、言わないけど。
ひとまず、診察終わってすぐ妹氏に電話で言ったら、妹氏も大爆笑していたくらい。

うん、遺伝よね。 親がおかしければ、子どもだって影響受けるに決まってるじゃない。
そして、やっぱり言われた「あなたは結局、やさしすぎるのよね・・・」って言葉。
これは、悪い言葉ではないのだけど、いまだにピンと来ない。 あたしは最低だと思うし。
(こんなに赤裸々に、今の自分の親への反吐を綴っている時点で どーかと思うしね)

そんな感じで、ひとまず今は何か(親と)あると 非常に不安定になりやすい日々だから
1週間後に予約とってさよーなら。ちなみに、Nちゃんにも薬局の薬剤師のお姉様方にも、
「薬は継続して飲んで下さいよー」と笑顔ながらも、若干怒られた・・・す、すみません!
でもーーー実家帰省がまさかで延びたり、こっちで外出恐怖症になったりして、
行きたい気持ちはあるのになかなか行けなかったんですよーーー と、言い訳しつつも
ハイ、これからはまた、定期的に通います宣言。

金欠だから節約したい気持ちはあったけど、昨日からようやく自立支援適用になって
あらまーーびっくり! 今まで3割負担で高い医療費払ったり、親に気を使って
神経質になって薬をストックしたりケチったりジェネリックにしてた自分が馬鹿みたい!
・・・ってくらい安い (`・ω・´;) 薬代なんて、増量したのに180円て・・・ひゃ♪

発想の転換だなあ、とつくづく思った。あたしさえ“普通”だったら、と思っていたけど
うちの場合、親が“普通”じゃないのなら、憂いても時間の無駄&仕方のないこと。
いざとなったら、どうにでもなる。今は彼女達のためにあたしが暗い毎日を送るなんて
それこそ馬鹿げているし、非生産的だ。 あたしは病気ではない、そういうスタンス!



朝:リボトリール1mg、デパケン100mg。
昼:リボトリール1mg、デパケン100mg(New!)。
夕:リボトリール1mg、デパケン100mg。
昼にもデパケンが追加されたー(今はまあ、誰かさん達のおかげで不安定だし?)
それにしても、久しぶりに偉い子ちゃんで処方どおり飲んでみたら、波が穏やか!
やっぱり、それなりにお薬って効いてるのかしら。依存するつもりはないけれど。
でも、睡眠は自然に出来る様になって眠剤が処方から消えたのは大きな進歩だと思う。

色々あってこの日の新宿での飲みに参加できなかったのは、号泣モノ&謝罪なのだけど!
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにくりにっく | comments(6) | trackbacks(0)
write菜美
18−診断書。
昨日は、はぐちゃんとのデートの前に 定期的なクリニックの日ですね。
いつもと同じ時間に高速バス乗ったのに、爆睡してる間に事故だか渋滞だかで
東京駅に着いてみたら、いつもはもうクリニックに着いてる時間で、焦った焦った!
予約診療の日じゃないからいいけど、あたしはいちばんに着かないといやなの!笑
(つくばから2時間半かかったって・・・ま、いい睡眠時間の確保にはなったけどっ)

で、急いで着いてみたら、それでも2番だったという件。早め行動は、いいことです!笑
着いてすぐに診てもらえたし、はぐちゃんに迷惑かからなくて良かったーーー!

と、昨日は診察云々よりも、あたしの中ではようやく待ちに待った日なわけで。

ずっと前から、親に罪悪感を感じていて(医療費とか)。
風邪と違って、すぐ治るモンでもないし、かさむし。
だから、申請したかったのに、意見の食い違いで、
でも、ようやく親が表面的に理解&許可してくれて。
さっさと申請の手続きしちゃいましょ! と、るんるん。
使える法を使わないのは、市民として勿体無いし!
もう23歳だし、そこら辺はささっと自分で調べて下準備はしましたよー(何の主張だ)!
地元の保健所に電話したり、用紙送ってもらって、なんだ、聞いてみれば
医者に所定の診断書書いてもらって、最低限のモノ持って保健所行けば、
1か月くらいで認可されて、医療費3割負担が1割負担になるって・・・簡単で大きいし!

と、主治医Nちゃんに渡す前に、もう見られないかも知れないから記念に撮影・笑。
さすがに公的な申請だから、細かい細かい! しかも気になるよねー内容が!
Nちゃんは、アタシをどう書くんだろ? どう把握してるんだろ? とか。
封が閉められてなかったら、隅々まで見て ちょこっと暴露してみたりするので!笑
というか、もう実家帰るから「今日中に書いておくわ」と言ってくれたNちゃん、感謝!

診察の方は、いつも通り よくも悪くも。 自己分析を言い、専門的に返され、
だから、つまるところ、心理学と精神医学の知識の寄せ集め&話し合い って感じ。
仕方がないよなあ、もうカラダにしみこんだ心理学とあたしの性格は 仕方がない。

ただ、結局今後の治療方針としては、あたしの「真ん中」を探していこう と。
どうしたら、穏やかに生きられるのか。(凹まずに なんてのは無理だけど、最低限)
でも、それに関しては、正直 ヒントはもう見つかってる気がするんだよね。
未来のことなんて解らない だけど、今のあたしはやってみたいことがあるんです。
それは勿論ある分野で働くことだし、きちんと生きていける手段になるし。

ただ、結局それを親が許さない限り、学生のあたしは 宙ぶらりんに どうしようもない。
「親がネックですねー」なんて言ったら、Nちゃんは笑って、あたしも笑った。
何もおかしくないけれど 何かがおかしい気がして でも急ぐことはないと思った。
次に逢うのは、つくバックするときだから、8月の終わりかあ ってことで
「暑さには気をつけてくださいね!」なんて言って、診察室を後にしたのでした。

ふ、ふつーーーーー! 進歩があるのかないのか、もう知りませんが いいっす(!)



朝:リボトリール1mg、デパケン100mg。
昼:リボトリール1mg。
夕:リボトリール1mg、デパケン100mg。
薬も変化なし! というか、「寝てないんで朝の薬は飲んでないよー」と言ったらば、
どこで何錠飲んでもいいから、とにかくいちにちにこれだけは飲んで って、
いーの?! だって、間が数時間もあいてなくてもいいの? と聞いたら、いいって。
いやいやいやいや、絶対副作用で眠気来るし、絶対に飲まないけど・爆。
ま、夜寝ろって話なんだけど、そこは譲れなくてやるべきことがあるんですよー!

ここまで包み隠さず書いてるけど、デリケートなところはちゃんと隠してるからね、一応!
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにくりにっく | comments(4) | trackbacks(0)
write菜美
17−無。
22日(火)は、1週間ぶりのクリニック。
たかだか1週間で、色々な出来事や感情の変化ってあるものだけれど、
それにしても、それを説明してみると、意外と変化がない気がしないでもない件・笑。

「どうですかー?」に「こうですよー」とさらっと答えられるほどに、
多分に今のあたしは、自分自身をきっちりとコンパクトに纏められないけれど、
それでも いつもと同じ様に ノートに纏めたポイントと思われるであろうあれこれを
さらりさらりと、解り易く簡潔に話してあげるあたしって・・・患者か?笑

結局、指導やアドバイスを仰ぐというよりは、お互い「うーん」と
同等な立場で、あたしの今や先を見つめてる感じだから、ホント立ち位置が同じ。
違うのは、向こうは医学の知識や免許がある ということだけな気がして来た!笑
後はだって、年齢が違ってもタメ口だし、女同士だし、付き合いも1年以上だし。

結局「つまりはアナタのキャラの問題よねー」と言われちゃあ、お手上げジャン?汗
確かにそうですけど、だったらどーしようもないじゃないか、“キャラ”って!
あたしのために、何がいちばん良いかなんて、日々変動するあれこれの中で、
たとえ主治医でも決められる筈もなく、慎重になるわけだけど、結局のところは
あたしの自己申告だと「先週よりは波は低く下がってしまった気がします」と。

それは、いいことなのか解らないけど、キャパオーバーするよりはマシなのか。
キャパオーバーし過ぎて、先週はほとんど寝ていなかったし、ナチュラルハイで、
きっとどこかでカラダに無理があったし。本人はそれを楽しんでたけど(おい!)
「夜とは言わないから、どこかでまとめて寝てよー?」とは言われたから、
「夜とは言えないけど、どこかで多分に寝ますーうふ。」とお返事してみたり。

そんな感じで、特に突き詰めることもないかわりに、どっぷり疲れることもなく、
ただ、15分終わってみたときに「今日は特に収穫なくね?」と思う様な診察でした。
いや、いいけど、それにいつもと同じお金を払うのは、ちと顔が歪むわーーー笑。

今度は2週間後にしてもらった、だって今月はもうあまりいそいそとした用事もないし
きっとのんびり過ごして、切ない日も、楽しい日も、なくなることはないわけで、
あたしがそれに伴って、上がったり下がったりするのは、当たり前なわけだから。



朝:リボトリール1mg、デパケン100mg。
昼:リボトリール1mg。
夕:リボトリール1mg、デパケン100mg。
すごいーーー薬減りまくった! 夜寝ないから、リーマスが減ったのは必然だけど
立ちくらみや眩暈はなくなったと超・主張して、やっとメトリジンもなくなった♪
へへへ、お薬代が浮くし、どっちにしろ効いてる感じもないし、やったねーん!

でも、このふたつはジェネリックがまだないってのが、ちと痛いけど・汗。
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにくりにっく | comments(0) | trackbacks(0)
write菜美
16−同じ立ち位置。
7月15日(火)のクリニック記録。
その後ノンストップで日を跨いだりしたから、
記録が遅れたけれど、ノートの方にはしっかりと。
あ、クリニックのすぐ近くにあいこの看板♪

最近は妹氏と遊びがてらでふたりが多かったけど、
この日は久しぶりにひとりだったから、こうやって
看板撮ったり、立ち読みしたりして、またいちばん乗り!

そんでもって、診察は・・・もう最近はあまり進歩が無い気がする。
あたしの方も、特に何があるわけでもないから、それはそれでナチュラルなのか。

結局、今のあたしは彼女に対して、「どーですかー?」と聞かれたとしても
どれを話したらいいのか解らない。ただのお喋りや、時間の長いカウンセリングならば
何もかも、ただの出来事でさえ話しても、そこから何かヒントが生まれるかも知れない。
でも、これは15分の診察であって、たとえば「最近、ひとりきりの時間が淋しい」とか
そういう事実があったにしても、それは今のあたしにしてみたら、言うべきことか。

たとえば、あたしは大事な人に別れを告げられてから日が遠くないわけで、
「落ちてます」だとしても、それは真っ当な失恋行動の流れか、はたまた症状か、とか
そういう見極めを自分の中でしっかりとしてから、後者だと思われることだけを
しっかりと伝えたいのです という様なことを言ったりもしたのだけど。

結局そしたら、「あなたは賢い」と言われ。 この言葉が、いちばん負担になるのに。
まあ、他の患者みたいに、「辛いですーーかくかくしかじかーーー」ってのとは
違うから、そういう意味で「賢い」と言ったのだろうけれど、賢くは無いんだよね。
ただ、自己分析をついしてしまうだけ。それはきっと、どこかで学問の影響だから
「あたしは、心理学を学ばなければ良かったのかも知れない、知ってるから苦しい。」
とも言ってみたり。(だって、そうでなければ、ここまで自己分析してないと思うし)

そしたら、いつの間にやら、彼女の身の上事情にもなったりして。
Nちゃんも、気質的にはあたしと同じらしくて、医者やってるから病気な訳でなくとも
勿論自己分析は日々するから「あたしも、そう思うことはあるのよー」って言われ。
“知っていること”が苦しめるって。医者やってていいのかとか思うこともあると。
だけど、やっちゃってるし、仕方ないしねーーー♪ ってところが結局Nちゃんらしい・笑。

賢い というインプットのせいか、専門用語をまた沢山出されるし、
確かに心理学で色々な診断基準についての用語も学んだから覚えてるけれど、
今のあたしにそれを出すのは、心理学から離れたっつーのにどうなんだ! とも思ったり。

結局のところ、普通は患者が医者に何かを仰いだり、喚いてみたりするのだろうけど、
あたしに関しては、非常に深い話し合いって感じ? 無意味ではないとは思うけど、
何せ疲れる。お互いに、核心をついたり、分析のしあい だものね。 ひゃーーー。
彼女の今回のアドバイスは「波の中間点を見つけていけたら」って、また当然のことを。
それができたら苦労はしていないし、あたしの“普通”なんて解らないよ、って。

あたしだけじゃなくて、きっと誰だってそうなんじゃないか。
自分をデータ化してでも把握して掴めていたら、“普通”ラインが解れども、
日々変化する環境や状況の中で、そのラインだって同じ位置だとは思わないし。
・・・なんて、難しい話をしてるから、余計にまた「賢い」と来週も言われながら
「ゆっくり見つけていきましょう」なんて終わるんだろうな。
でもね、あたしには少なからず、3月くらいまでしか ゆっくりしている時間はないのに。

お薬も要らないけど、これを出さないと医者じゃないしねえ・・・ってことで、
今回はまあ増加とかなかっただけ良しとしましょ♪ 朝とか飲んでないし(コラ!)
そんなわけで、また来週。 変化のないのも、あるのも、どっちにしろ困りモンで。
だけど、今回はある意味、患者も主治医もなく、人間と人間の話し合いだったなあ。

なんか、あまりに疲れたから薬局後すぐにひとりスタバ・笑!
その日で終了だった、あずきクリームフラペをごっくり飲んだー。
代々木のスタバは、店員さんの態度がいいし、お気に入りなんだ♪

今回も、親切にカスタム勧めてくれたり(あたし詳しいけどね・笑)
タンブラー洗ってくれるときも、すごく丁寧なの。店舗小さいクオリティ?



朝:メトリジン2mg、リボトリール1mg、デパケン100mg、リーマス100mg。
昼:リボトリール1mg。
夕;メトリジン2mg、リボトリール1mg、デパケン100mg。
眠:リーマス100mg。
先週と同じー! 眩暈とかなくなったし、もうメトリジンは要らないって言ったけど、
「もうちょっと飲もう」って。うがーーーだったら鉄分サプリとか飲むからーーー!
でも、今回もストック分は薬減らしてくれたし、医療費節約頑張ってるワタシ・笑。

いちばん辛いのは、その日の診察内容を母親に電話するときなんだけどね、色々と。
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにくりにっく | comments(3) | trackbacks(0)
write菜美
15−難問。

朝っぱらから曇り空で、
というかそもそも寝ていなくて
オールな自分なわけでして。

しかも久しぶりに検査宣言されて
後の用事のためすっぴんでは
さすがに今日は行けないし、
あーあーめんどい! とか思ったりもしていたけれど。

朝が来るまで、昨日(七夕)にまきんこがスペシャルに作ってくれた
超・効きそうな短冊写真を見ながら、いよっし! と奮い立たせて。
朝6時前には家を出て、行った来ました10日ぶりのクリニック。
結論・・・つ か れ た (`Д´(´Д`(`Д´(´Д` 
いや、血液検査&心電図とかは、何故だか今日は延期になったからラッキー♪ で、
体的には疲れたわけではないのだけれど。(高速バスで睡眠もたっぷりとったし!)

だけどやっぱり、どっちつかずの診察は 無意味とは思わないけど 微妙過ぎる。
15分という時間を有効活用するために、あたしはそれまでの出来事や波の記録を
ノートに書いて、「これを伝えよう」だとか考えてから診察に臨んでいるのだけど
それが、もしかしたら逆効果なんだろか? Nちゃんは、あたしに多分に普通の患者より
専門的で難しく突っ込んだことを、アドバイスではなく あくまで聞いて来る。

「アナタは頭もいいし(←唖然とした)、心理学の知識もあって、自己分析できるし」
って、そういう風にとられて、普通の患者さんよりももっとリアルで建設的に、
「今の自分の状態をどう捉えている?」だの、聞いてくるのだろうけれども
・・・それが解っていたりコントロールできていたら、ここには来てないじゃないか!

ひとまず、あたしみたいな病気の人に対しては、性格や気質云々ではなくて
あくまでそのときの波(躁か鬱か)を見極めて治療していくのが医者だから、と。
はあ、それは解っているけれど、でも「普通のあなたはどれくらいなの?」と言われても
その「普通」のラインって、解らないよ。いつから? もしかしたらうんと小さい頃から?
頑張り続けて来て、崩れて、また奮起して頑張って・・・ってループの中にいたら、
「普通ラインの自分」なんて、とっくに解らなくなって、だからここにいるのに。

まあ、最低限、恋人と別れても死のうともしてないしきっと躁気味でしょう とか
今は平気だけれど、秋や冬になったときに、ガクンと自分が落ちるんじゃないか とか
周りに「強い」と言われる自分がピンと来なくて全く自分が解らない とか
そういうことを伝えたらば「そのときはお薬で調節するからいーの♪」って。
いやいやいやいや、「お薬が効かない体質」だと言われた件はどーすれば?!苦笑

まあ、ひとまず、元気かノットかと言ったら、まだ元気モードに入っているらしい。
今は、それでいいのかも知れない。今落ちてたら、普通にアタシ、立ち直れてない。
いちばん大事なものを失ったのに、平気に文字を書いたりなどきっとできていないし。
だけど、先のこと&周りのことを考えてしまう性格は、どーしようもないのかな。
ただ、それを治せたら自分が元気になるんだとしても、その部分って意外と大事だったりするし。

まあ、そんなワガママちゃんは、ひとまず来週また来いと強制されましたがね。
この1週間で、あがるのはいいけれど、きっと悪化していないといいな。
一寸先は闇 と言うにはあたしはひとりではないけれど、でも誰にも解らないもの。



朝:メトリジン2mg、リボトリール1mg、デパケン100mg、リーマス100mg(New!)。
昼:リボトリール1mg。
夕:メトリジン2mg、リボトリール1mg、デパケン100mg。
眠:リーマス100mg。
リーマス(抗躁剤)が、朝にも追加されたーーーだからこそ検査したいらしい。
でも、お金ないないプッシュで、ストック分はまた減らして処方してもらった・感謝。
前よりは波が落ち着いた気がするけど、何せ失恋後だから泣いたりすることもあるし
今は「どう?」って言われても、客観的な判断って無理じゃない? と思った今。

ひとまず、検査が先延ばしになったからお金が浮いて良かった(単純!)
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにくりにっく | comments(4) | trackbacks(0)
write菜美
14−苛々した。
昨日のお疲れモードのひとつの要因、クリニックの日でした。
いつもはスッピン眼鏡に適当にジーンズとかだけど、
昨日は久しぶりに妹氏と東京で軽く遊んで来るか!
ってことで、化粧もしたし、なんたってワンピース!笑
(日焼けするから、お洒落するとき以外はパンツが楽なのに)

だーけーど。こんなにピースしたうきうき気分が、
クリニックであんなに苛々してしまうとは、予想外だったなあ。
気分立て直すまでに、結構時間かかったし。
久しぶりに、主治医Nちゃんに、笑いながらも はむかった気が・謝。
いつもの「どーお?」に、この10日間でのことを、また整理整頓して話したらば。
「アナタねえ、1年前のこの時期も同じこと言ってたよ? 自覚しなくちゃ!」って。
「ちょっと元気があり過ぎるってこと、ちゃんと自分で気付かないとね」って。

・・・ここで、少しプチンと来たね。多分に、“元気”って言葉にだろうけど。
おまけに、波があること(つまり元気な時期があること)も自分で解っているし、
だけど、解ったときには後の祭りだから、後悔も反省もするし、苦しんでるんだ。
「どうして自分はキャパオーバーする様なことしちゃったんだ?」って、時々。

それに、夏は冬に比べて彼女の言う“元気”になりやすい時期だってのも解ってるし、
自己分析した上で、話してるというのに。気付いてるから、現状を話してるじゃんか。
あたしが知りたいのは、じゃあどうしてそこまで自分が自覚できているというのに
そういう行動(思いつきで動いちゃったり、それで疲れたり)をしちゃうのかで。
そしたら、それには笑いながら「だって、それが病気だもの」って・・・

はああああああ?! と。いやいや、アナタ、矛盾してませんか?
自覚したら治るというつもりで、「自覚しろ」と言ったと受け取ったけれど
原因を聞いたら「病気だから」って、じゃあ自覚もへったくれもないじゃないか!
おまけに、病気のせいだと言うのなら、あたしにどーしろって言うのよ。
薬だって飲んでるし、治すためにアナタのもとに通っているのよ? アタシ。

バイトにだって行かなきゃなのに行けないこともあるし、あたしは自分を決して
「元気」だとは思っていないけれど、彼女から見たら前回より「元気」らしく、
しかもそれはいい意味での元気とは違うのが、哀しいことであって。
でも、じゃあ、あたしは何もしちゃいけないのかって話。
そりゃ、毎日気ままにのんびりできたらいいけど(できる環境にはいるけれども)
実際、金銭面やらでの強迫観念もあるし、人と触れ合いたい気持ちだってあるのに。

それで疲れるのなら、そんなことやめなさい! って言ってるのかNちゃんは?
でも、あたしは毎日毎日動き回ってるわけじゃないし、体力も予測不可能で
大丈夫だと思ったから動いて疲れたのなら、仕方がないじゃん と思ってるのに。

ギャーコラ主治医に取り乱してキレる程には、理性失ってないレベル低い患者だけど
笑いながらも「いやいや、そこは」って、所々主張するとこはしといた。
結局「気をつけてよ?」と言われ、部屋を後にしたけど。スッキリしない診察!
1週間後に来て欲しそうだったけど、苛々したし節約のため、10日後にした件(ガキ?)
電車の中で、妹氏に散々愚痴って、やっと気分が落ち着いたくらい 久しぶりに苛々。

病気病気と言うのなら、じゃあ治してみせてよ ってあたりたくもなったよ。



朝:メトリジン2mg、リボトリール1mg、デパケン100mg(New!)。
昼:リボトリール1mg。
夕:メトリジン2mg、リボトリール1mg、デパケン100mg(New!)。
眠:リーマス100mg(New!)。
薬が効かないから「漢方飲める?」に即行で「NO!」と答えたワタシ・笑。
抗鬱剤は一切排除されたけど、鬱になったときどーすんのよってね(バイト前日とか)。
寝る前に抗躁剤って、でも寝る前は別にハイテンションでもないのになー。
とにかく、結構ガラリと変わったな。メトリジンは、食生活不規則だから継続だって・泣。

そして次回は心電図&血液検査・・・ううう医療費かかるーーー泣。
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにくりにっく | comments(3) | trackbacks(0)
write菜美
13−減りゆく一方で。
ほんとは火曜のフリー診察の日に行くつもりが、
色々あって、久しぶりに予約診察(金曜はそうなの)。
あーあ・・・予約代(420円)がかかるわ・・・と思いつつ
さすがに薬がなくなったし、話もあるわで、朝っぱらからお出かけ。

駅でスタイリッシュなマダムにいきなり「格好良い脚してるわね!」
と、褒められた(んだよね?)謎・・・“格好良い脚”の定義をテルミー!笑

それはさておき、今日のクリニックは人間観察にはうってつけでしたね。
初診は予約が必須なのに、1階の総合受付の人がうっかり許しちゃったらしくて
フリーの先生が初診(30分)にかかっちゃって、フリー待ち&電話続出で。
ま、あたしは予約だし、主治医違うから、きっちり予約時間に診察してもらえたけど。

診察 というか、最近は「ど〜お〜?」から始まって、あたしは日々の記録ノートを
見つつ、今週は何があっただ、何が変化しただ、どう感じ、どう考えただのを
理路整然と述べて・・・という、非常にコンパクトな場になってる気がする。
15分という限られた時間を最大活用するため、あたしが前日に要点を纏めてくから
Nちゃんからしたら、あたしは落ち着いている とみなされているのかも知れない疑惑。
(だって、統合失調症で取り乱すような患者さんだとかが普通に沢山いるわけだし)

でも、「普通」だったら「完璧」だったら、お金出してまで通って無いわけで。
プライバシーにも関わるから、そりゃここに全部は書かないし、書けないけれど
ノワールな感情や、消え入りそうな自分も、きちんと伝えてる。

ひとまず、いつもと同じで「波があるわねえ」と、「今は躁より鬱気味ね」という
あたし自身でも解りますよ、ってことを言われ。 そうだねーーーなんて言って。
唯一医者らしく指示されたことといえば、“無理しないで”ということ。
でも、無理ってなんだろね? あたし、人より何も頑張れていないというのに。
体が疲れるし弱いのだから、せめてアクティブな活動はいちにちおきくらいにしろ って。

でも、金銭面での強迫観念を解ってくれるようになったのはありがたいなー。
薬決めるとき、まずあたしのストックメモ見てから決めてくれるから、
その中から飲めば、わざわざ持ってる薬を処方される(金がかかる)ことはないわけで。
そこは感謝! だけど「何かどんどんストック減るの、淋しいっす」と言ったらば
「皆そう言うものよーうふふ」って・・・これはある意味確信犯な気もする!笑
(あたしが、万が一、万が一にもってときに、ODするだけの量を持っていないように)

薬は減り、体重も減り、何故かお金も減り、買い物願望は増え・・・ひゅるり〜!爆
だから、バイト頑張ろうとしちゃうんだけど、それも“無理はしないで”らしいから
自己責任で、これから、時間あけつつバイトなり動くなりしようと思いましたとさ。

ちなみに、今看護士関係の本を読んでいて、ものすごく気になったから聞いたら
うちのクリニックの受付は、医療事務も看護士さんも両方混じってるらしい。
「小さい病院だから皆何でもやらないとやってけないのよー」だって。へぇーーー。
(毎回、処方箋書いてる時間は、なんだかんだ雑談の時間になるという件)

意外と弱ってるらしい(体が?)から、1週間後に予約。はひーーー予約料!泣
その次こそは、絶対に火曜のフリー診察を狙ってやる と誓いつつ、帰筑。



朝:リボトリール1mg、メトリジン2mg。
昼:リボトリール1mg。
夕:リボトリール1mg、メトリジン2mg。
眠:デパケン200mg(New!)、アナフラニール10mg(New!)
効かないリボトリールと、もういいだろう血圧薬、なかなか辞めてくれないなあ。
午前中眠いって言ったら、Rではなく普通のデパケンになり、そして鬱用にアナフラ。
だけど、寝る前に結局薬増えてたら、やっぱり午前中に響く気がするんだけど・・・
まあ、このふたつはストックからだから、勝手に様子見ながら飲もうーーーっと!
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにくりにっく | comments(0) | trackbacks(0)
write菜美
12−井戸端会議。
こんなにも暑い日に、出かけなくちゃいけないなどげんなりだけど、
クリニックだから仕方ない ということで、また朝一に。
こんなにも暑い日は、薄着でさらっと出かけたいもんだけど、
何せクリニックのために化粧をするのなんてまっぴら御免だし、
日焼け止めにパウダーはたいたくらいじゃ、お肌が心配だしで、
日傘に、長袖に、パンツ(日焼け止めケチるため・笑)という
暑がりなのに暑さよりもお肌を優先したあたし、乙女!(?)

基本予約制だけど、毎日ひとりはフリーの先生がいるのね。
火曜は主治医のNちゃんがフリー担当の日で。
フリーだと予約料かからないけど、先着順なわけで。
別に急ぎでもないけど、時間に関して強迫観念が強いあたしは、
9:30〜診察開始なのに9時前には着いて、特別に入れてもらう・笑。

もうフリーの日のいちばん乗りの常連になったのか、勿論今日もいちばんはじめに受付済ませて。
おまけに最近じゃ、特別扱いか、あまりに早いから急ぎの用事が控えてると思われてるのか
Nちゃん、9:30前に「菜美ちゃ〜ん!」と診察室に呼んでくれるからね・笑。

そして、今日は・・・はっきり言って、治療というかただのお話・愚痴・痴話話的。
まあ、2週間前からは出来事的にも、妹氏のことやら何やら色々あったわけで、
それをノートに要点まとめたものを、ばーっと言ったわけだけど。(ひとり15分だし)

結局、「波がある」という言葉は、前回も聞いたし自覚もしてますよってなわけで。
ただ、どちらかというと、躁な部分が今は強まってきているかな? とは。
あと、意識ぶっとんだ後に半分意識ありつつ、ついチョコレイトに手を伸ばしちゃうのが
強迫的ダイエッターにとっては、あと体のこと考えても心配だと伝えたらば、
でもそれはきっと何処かで脳が糖分欲してるのよ、って・・・あたし食べ過ぎだけど?笑

ただ、今少なくとも数日でもひとりでいる状態がそんなに悪くないことだとか、
日付が変わった瞬間、遮光カーテン開けて豆電球にすると落ちつくだとか、
昼夜逆転はしているけれど、それでもある意味それでリズムがとれるようになったこと
それは、少し進歩じゃない? とも言われたり。ほんとは、気ぃ遣いなあたしだから、
家族と同居よりもひとりで生活した方が、いいんじゃない? とは言われて。

それは、自分でもずーーーっとはじめから解りきったこと。表面的にはそうだ。
だけど、そうしたところでこうやって数日だったらまだ気が休まるものの、
結局離れていても、あたしは家族を気にするし、離れているからこそ家族に頼られるし
妹氏ならまだしも、親からの電話相談(色々なこと)が増えるのはキツイわけだし。
結局、表面的に形を変えても、あたしの気が休まることはありません と伝えた。

「やるせないね」って顔をされたけれど、今は同情すら少しうれしかったくらいだ。

あと、最近は立ちくらみとか減ったし、もう血圧の薬要らないですよ(ケチ精神再び)と
提案したけど、あっさり却下・笑。 飲んでるから落ち着いてるのもあるし、
今はフラフラするような組み合わせの薬処方してないのもあるからねえ と。
だったら、きらいだけどまた近いうちにさっさと検査して、血圧の変化を見せて
血圧の薬をなくしてやろう! とこころに誓いつつ、今度は来週ーーー!

カウセを期待してるわけじゃないけど、ほんと井戸端会議的だったな、今日。
妹氏の志望校のことまで聞かれたり、福祉や心理について話までしたりとか・笑。



朝:リボトリール1mg、メトリジン2mg。
昼:リボトリール1mg。
夕:リボトリール1mg、メトリジン2mg。
眠(寝ないから24時くらいだけど!):デパケンR200mg。
あたしの薬ケチ精神を解ってくれたのか、たった1Tでもストックあると減らしてくれるのは感謝。
でも、デパケンは今まではストック飲んでたけど、飲みきっちゃって、これジェネリックないし
効果も微妙だから要らないと言ってみたけど、「飲んだ方がいい」に、はーい(素直)。
ていうか、前回と珍しくも変化無し。 状態だって、あまり変化ないんだけどなあ。

医療費ケチるなんてしたくないけど、支援申請してないし仕方なく・泣。
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにくりにっく | comments(0) | trackbacks(0)
write菜美
11−波。
せっかくのHbGのロンTの初おろしが、クリニックだなんて!
と言いつつ、スッピン×デニムなんて適当な格好に
意外とあっているのが余計にせつない・・・って、
そもそもが昨日の話。今日綴ってる理由は最後に明らかに・泣。

早め行動をしないと気がすまない強迫観念ゆえ、
9:30から受付開始のクリニックだけど、
東京自体には8時過ぎには着いていた自分。
だから、6時に家出て高速バス乗るんだし、すっぴんは仕方ない(と思い込め)。

夜は眠りたくないし、毎日真っ暗な部屋で月を見ながら起きているから
医療費も勿体無いし、ストックあるしで、眠剤はしばらく要らないですーーーと、
ある意味無茶な宣言も「まあ、確かに今はねえ」と同意もらった わーーーい!

と、調子に乗って、前回間違えて「ベゲタミン(眠剤の方)」と言い間違えて、
あっさり処方されそうになった、「ベタナミン」を今回はもう間違えず
「ベタナミンなんてどうですかね? 24時間起きてたいし、エスモカ投入しまくりなんでぇ・・・」
と、言ってみたけど、こっちは予想通りダメだった (o`-ω-) うひーーーん。

でも、リタのマイルド版で、過去リタラーだったからダメだという理由じゃなく
Nちゃん自体、ベタナミンを患者に処方したことないし、すきじゃないし、
今のあたしは、鬱より少し躁が勝ってきて、とにかく波がひどく激しい時期だから
ベタナミンでぐわっと精神持ち上げるのは、躁のときには危険だからという
きわめて正当で合理的な理由をもらったので、すんなり納得してしまった。

自分でもそれは欲しくもないし、どう考えても自己分析はできていたけれど
今のあたしに少なくとも抗鬱剤はタブーらしい。まあ、そりゃそうだわな。
かと言って、「あたし完全に躁モードになったらしいです」とのあたしの発言に
「いや、そうじゃなくて、まだ波の途中」と分析されてみると、確かにそうか・・・と
なんだかんだ、やっぱりあたしの言うこと鵜呑みにしてるんじゃなく、きちんと
主治医として観察してくれていることを知り、少し安心(医者だから当たり前でも)。

だから、結局、「波がある状態ね」ということを再確認したはいいけれど、
それにあう薬・あたしにあう薬 は今回も別に見つかったわけではなく、
「もう1週間様子見てみるか?」と、お互い探り探りで 協力なんてしちゃって。
躁か鬱か、どっちかに偏ってくれれば治療も処方もしやすい ってわけだろうけど、
鬱にのみ偏られたら、あたしが困るなあ・・・なーんて思いながら、

いちばんに診察終えて、薬局寄って、ついつい本買って、東京駅からバス乗って。
なんだかんだ、やっぱりクリニックの日って自分と向き合う日になるのだから
疲れるのか? プラス、夜寝ていない生活ゆえ? またしても寝過ごして、
気が付けば運転手さんに起こされ、またしても「うわー大学まで着ちゃった」と。

いいんです、大学から家含む駅までの年間バス定期持ってるもーん♪ と、
家に向かうバスに乗り換えたら、今度はまたボーッとしてたのか、意識ぶっとんだのか
気付けば最寄りのバス停通り越して、駅まで着ちゃった(家から近いけどさ)!
彼氏に「ドアホ」とメールで言われつつ、反論できないわ と買い物して今度こそ帰宅。

・・・したら、今度は家でぶっとんで、夕方に少しだけお昼寝 のつもりが、
気付いたら今朝の深夜3時でしたよっと・・・ 号泣! というか自分にキレた!
ネットもビリーもやってなくて、ていうか意識も記憶もなく今日になっていたことが、
すごくからっぽな時間を生きてしまったことが、悔しく不甲斐なく 少し怖い。

悲しみと怒りと凹みがこみ上げる中、それでも今日何か行動したい とか
そう思ってる今の自分に、確かに「波がある」という簡単な主治医の分析は、
簡単でこそあれど、きわめて正しく、それしか言いようがないものだと 今思ふ。

月を見つつ深夜ひとりで生きる それができなかった昨日はもう取り戻せない。
たったいちにち爆睡した、それだけのことが、あたしにとってはひどく喪失感。



朝:リボトリール1mg、メトリジン2mg。
昼:リボトリール1mg。
夕:リボトリール1mg、メトリジン2mg。
眠:デパケンR200mg。
もう一度だけ飲んでと懇願されたから、デパケンRはもう一度だけは飲んであげよ。
というか、この中で何ひとつ、効いていると思われる薬が ない。
というか(二度目)、今日の深夜を ほんとに取り戻したくて泣きそうだ。
あーあ、波があってその波の満ち引きが簡単に治らないなら、いっそ海にしてくれ。

ストックされた映画が沢山だというのに、こういうときに限って読書欲が強まってみたり。
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにくりにっく | comments(4) | trackbacks(0)
write菜美
10−ケチ理解。
おうちウエアにしては、いつもよりしっかりしてるし
さてはアナタ、今日どこかへ出かけましたね? って、正解!

しっかし、本気のお出かけならフルメイクにコンタクトだし、
帽子被って眼鏡で、おまけに顔を敢えて見えない様にしてるってことは
そんなに気合入ったりしたお出かけじゃないですね? って、正解!

2週間ぶりのクリニックだし、東京へすっぴんってお前! と言われようと、
高速バスでばびゅーーんだし、渋谷とかならまだしも代々木ですし、
もう慣れました。いいんです、ただでさえ朝早いし、適当でいいの!

クリニックの都合とかで、そう言えば2週間ぶりだったのだけど、
今回は伝えるべきことが少なかった。だって、同じような毎日の繰り返しの様な毎日だった。
それもこれも、ある意味ひとつだけ変化があったから だけど。

健全な時間帯に眠れなくなった、完全の完全に。

前は眠剤飲めば入眠はできたし、ただ深夜覚醒(2〜3時)が必ずですよ、ってだけで
最低でも1時間なり2時間なりは、“夜”と呼ばれた時間に眠れていたのに。
1週間前くらいから、どんな眠剤を飲んでも、何時に飲んでも、どう工夫しても、

眠れないのだ。 だから、ベッドで何時間も横になって、結局諦めて夜中に起きる。
そんな繰り返し。だからと言って、昼夜逆転生活とかができていたらまだマシだけど、
あたしの場合、記憶が突然とぶように、日中ばらばらな時間にその反動の眠りが来る。
しかも、まとめてじゃなく、あるときは10分だけ あるときは数時間も とか。

ふと気付くと(まあ、起きればってことだけど)「あれ、アタシいつから?」状態で、
いちいち妹氏に、あたしが何時から何処で何してたタイミングでぶっ飛んだのか
聞いて、それでも自分じゃ記憶ないから「ふーん、そうなんだ」と記録して、
自分のその日の、欠けてしまってる部分の意識をノートに記録して の 繰り返し。

・・・ってことを、主治医に言ったらば「やっぱり薬効かない体質ねー」ってのと
「入眠か深夜覚醒どっちかだったらまだしも、両方ってしんどいね」と、その通り。
せめて昼夜逆転でもいいから、“生活リズム”ってもんを形成せねば! と。

ほんと、切実。もう昼夜逆転でいいから、あたしに一定のリズムをくれーーー!
やりたいこともやるべきこともあるのに、いつ眠るか予測もできないんじゃ不便だ と、
思ったら、薬どれにしようかと相談してるとき、馬鹿なアタシ 何を思ったか
「リ●みたいな精神賦活剤系ないっすか?」と、明らかに答えの解り切ったことを
直球ストレートにお願いして「ダメに決まってるでしょ」と即アウト。あははん・泣。

眠れないのなら、せめていちにち中起きさせてくれ って思っても仕方ないじゃんか。

そして、先日親とお金のことで少し話をしてから、罪悪感でいっぱいです ってことで、
「医療費はできるだけケチりたいんです」と、堂々と宣言して理解してもらって、
面倒でもストックは使い切る精神で、美人しかいない親切な薬局には非常に手間かけるけど
“○○は何日分、△△は何日分”と、全部日数がばらばらな処方・・・すみません・泣。

薬なんか信用してない。どうせ効かないの知ってる。 って言ったら、おしまいだけど
だったらせめて少しでも親への罪悪感と自己嫌悪減らすため、ジェネリック上等、
ストック上等。 と、ストックしてケチろうとしちゃうのがいけないんだろうけど。
眩暈も減ったし血圧の薬ももういいです との申告は受け付けてもらえなかったけど・泣。

なんていうか、今日は診察というより一緒にお薬の話し合いって感じか。
薬のストックメモ見て、ふたりであーでもないこーでもないって話しあうって、
あたし、患者だけど、薬の知識があるってこと暗に認めてもらっちゃってるし!笑

ただ、あたしのために、治療方針どうしようか学会で勉強してきてくれたって、
その言葉がうれしかったんだよ、主治医Nちゃん。だから、正直薬なんかに効果感じなくても
あたしはまた、医者というより親戚のおばちゃんの所に行くように、逢いに行くんだろう。

悪化してるといえば、してるね。全く眠れないんだから、夜も朝もないようなものだし。
だけど、毎日辛いわけじゃない。親と連絡とらなければ希死感だってない。
それもこれも、Nちゃんや、彼氏や、親友達や、声をかけてくれる人達のおかげ。

波があるなら、波に逆らわないというのも手だと思えるようになったのも、
昔の様に(知る人ぞ知るだけど)薬に依存しなくなったのも、 進歩だと
そう思えるようになっただけでも、まだまだあたしの生存記録は続きますよー!



朝:リボトリール1mg、メトリジン2mg。
昼:リボトリール1mg。
夕:リボトリール1mg、メトリジン2mg。
眠:デパケンR200mg(New!)、コントミン12.5mg(New!)
薬が減るのはうれしいけど、不安でもある。ただ、効かないからいっか と。
眠剤はストックから出すし、今週は医療費安かったなー。医者の理解のもとでのケチ精神。

薬局の薬剤師さんがほんとに全員美人なの!才色兼備って、いいなあ・泣。
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにくりにっく | comments(3) | trackbacks(0)

<< / 2/3PAGES / >>