S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

About
Selected Entry
Recent Comment
Archives
Categories
LINKS
Recent Trackback
Now i'm waiting for



みくし生息中
For my taste



[Bling]ブログにクチコミを書いて話題の製品やおこづかいをゲット[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

ブログでクチコミ B-Promotion
Connection
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

あわせて読みたいブログパーツ




qrcode
↑携帯からも見てね↑
<< ある朝スウプは。 | main | すっごいクレンジング。 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
応援! ブログ村ランキング| - | - | -
write菜美
東京プチセレブデート。
JUGEMテーマ:友達と遊び
遡ること3月10日ってどんだけ! って感じだけど、ちゃんと記録したいと思う気持ちが大事。
とか何とか言っちゃって、でも 後になって書くと懐かしくなるってのは事実利点です。
というわけで、その日に高校時代からの友達・沙貴嬢と東京でデートした日記(`・ω・´)

いつも彼女とデートするときは、かなり新鮮なんです。
というのも、彼女はオサレスポットに敏感だから・笑。
この日もお目当ては、恵比寿の片隅にある某Cafe。
彼女は関西に移住なので、社会人前最後の春休みに
東京に来たときに、あたしを誘ってくれて(うれし泣き)。
ま、逢うのは卒6会以来だから そこまで久しぶりでもないけど・笑。

彼女は、あたしとある意味同じでぶっとんでて(?!笑)
食費切りつめてもオサレにかけるお金が半端ない!
(あ、バイトの鬼と言った方が良いのかしらん?笑)
この日もほぼ全身彼女のすきなMarcChloeだったので
顔出ししないからーーーと、何とか撮影させて頂きました へへ。
っと、待ち合わせは渋谷のハチ公前。 珍しく今回は渋谷からスタートなんですよ、これレア。
「だって普段は行くとしても銀座なんですもの」というのが沙貴嬢ですからね(^ω^;)
待ち合わせしてから、彼女が行ってみたかったというクリスピー・クリーム・ドーナツへ。
ここあたりはあたしはもう慣れたもので。 試食のオリジナルグレーズドが美味よねー!
沙貴はご家族用にお土産を買っておりましたが、あたしはカフェまで我慢我慢っ。

と、SHIBUYA Francfrancに寄りたいということで、迷いつつも寄り道したり。
(あたしいっつも、ついつい道玄坂の方に行っちゃうんだよね・・・ホテル街で迷子・苦笑)
フランフランで彼女が買い集めている物は残念ながらなかったのだけど、ていうかそういう
細々したオサレ雑貨にも、もんのすごくこだわってるのよ。 そこにまた脱帽というか唖然!笑

さて、Cafeに向かうかと思ったら「あたし原宿に寄りたいから連れてってー」とお嬢様。
お、あたしの庭! と連れて行ったけど、原宿と言えど目的地は全く違うのがミソ。
あたしの庭は竹下通り、彼女の目当ては原宿と言ってもMarcだからねーーー((゚Д゚≡゚Д゚;))
場違い感を投げ捨て、Marcに初潜入しましたが 店(ビル?)からして近代的でオサレ!
いちばんびっくりしたのは、彼女の着てる服とかが展示してあることと、そのお値段!
(Marcを知らない方もいるかも知れませんが、万単位ですからね・笑。 リッチだー!)
こちらも残念ながら彼女の狙いはなかったらしいのだけど、あたしはお腹いっぱいでした。
ついでに近くにあった(んだっけかな?)MoMAstoreにも初潜入したのだけど、ものすごく
可愛い雑貨が沢山なのね?(値段はするけど) そして、ここでもあたしと沙貴の違い。
プラスチックのトランプを欲しがるので「そんなんどこがいいの?」と言ったらば、
「だってー、お風呂で遊べるしー!」と・・・このぶっとび具合がすきなんですが♪笑

そして、ようやく今日のメイン(`・ω・´) 目指すは“BON sweets&smile”!
ホームページ見ても地図が大雑把で、でも何とか着けるだろうと思っていたのが甘かった・汗。
これがまたものすごく解りづらい地図のせいで、歩いた歩いた、足にマメできました(´;ω;`)
何とか辿り着いたときは疲労感と達成感がゆらゆらと。 とても小さな、見過ごしそうな外観。

ひとまず入るべし! と入ったら、でもその瞬間からお店の中のオサレ具合にびっくり!
さすが沙貴が目をつけただけあるわ・・・というか、このカフェ、どこで知ったんだ?謎


2階に通されたのだけど、階段から既にウッディーな感じのつくりで ものすごくオサレ。
こういうときこそ写真撮れって感じなのに、ついついお喋りやメニュー選びに夢中になって
店内を撮り忘れましたが、辛うじて沙貴のバックに少しだけ・笑。 壁や天井まで色も素材も
ものすごくアットホームというか、インテリアが懲っているのに居心地が良いって凄い!
そして、オーダーのときのこのチリンチリン♪ と鳴るベルもあって、雰囲気あるー笑。
昼間からお酒が飲めるのココ。「それがいいよなー」と近くの席だった男性が言ってた。
甘い物を食べながら酒が飲める午後のひととき、確かに贅沢で優雅でくつろげるかもね。

と、でもお通し的に出されたホットワインはあたしは飲めないので、沙貴にあげました・謝。
一口飲んだけどダメだったー泣。 いい歳して味覚だけはお子ちゃまみたいです自分(´;ω;`)
で、オーダー! 夕方まではスイーツOnlyみたいだから、必然的にだいすきな甘いもの♪

あたしは、全粒粉生地のフルーツタルト(700円)とマンゴージュース(690円)に。
フルーツタルトは日によって違うみたいだけど、この日はだいすきな苺タルトでした。
三角のプレートからしてオサレ! しかも赤い縁どりがかわゆい! なんて思った馬鹿は、
言うまでもなくあたしで、赤い縁どりと思ってたものは苺ソースなんですよね 普通こういうの。
慣れてないから普通に触って、指に苺ソースがべとっと・・・これだから庶民レベルは・汗。
粉砂糖が全体にまぶしてあって、肝心な苺タルトはたっぷりなクリームも一緒で美味!
おまけにあたしのだいすきなマンゴージュースも爽やかで、フルーツパラダイスですな。

と、食べながらお互い恒例のマシンガントーク。 彼女とあたしは多分いい勝負です・笑。
でも波長が合うのは、どちらかがベラベラ話してるときは、ちゃんと聞いてる役に回るから。
今回思ったのは、そして、あたしよりも彼女の方がものすごく聞き上手だということ。
ただ聞くだけじゃなくて、アドバンスした切り出し方で次に話し始めるのが凄いなあ、と。
それに、あたしの状況とかを「別に普通じゃん」という受け止め方で見てくれるから楽。
(このときは、大学を辞めることに関して 自分の中で葛藤や苦悩がもの凄かったし)
だけど、この日に沙貴が「その先」のことを色々と話してくれたから、迷いはなくなったし。

高2で何人ものグループでつるんでいながら、なんだかんだ沙貴がいちばん頻度が高く
逢っているのかも。(ま、お互い学生だったからってのもあるけど。あ、彼女は院生でした)
今はもう立派に社会人になって、関西で奮闘しているから逢える頻度はもっと減るだろうけど、
現代の利器ネットや携帯のお陰で、遠い気がしないのがうれし。 すきです沙貴お嬢様。

ちなみにこのカフェは1階でケーキも売っていて、彼女はお母様に買って行きました。
ホールケーキもものすごく可愛くて美味しそうだったよー! 恵比寿近辺の方は是非♪
人気ブログランキングへこのカフェ、15時〜深夜までやってるってのが大人向けって感じ(人*´∀`)
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにらいふ | comments(3) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| - | - | -

Comment
ひらがな : 
2009/05/26 1:26 AM 
縁取りかわいいって、あたしも思いましたw

菜美さんには大事なお友達がたくさん居ていいですね!
あたしも今仲いい子と離れてもこんな関係でありたいです。

TOPへ
頼朝 : 
2009/05/26 8:59 AM 
あら?私も都心に出るときはいつも銀座ですわよ?ww

それに原宿でも古着屋よりも・・・・・まぁいいや。

恵比寿って意外とオサレな店が多いですよね!
今度近くに行った時にでも行ってみようかと思います。

TOPへ
菜美 : 
2009/05/26 9:31 AM 
to;ひらがなちゃん
ね? 見えるよねー?!
でも実物は気付くだろ、って話だけど・笑。
友達が少ないだけあって、長く続いてる子が多いのが
唯一の誇りかなー笑。昔は人見知りだったの・汗。

to;頼朝くん
あら? 何とセレブな頼朝様!笑
銀座は何回か行ったけど、はじめて行ったのも
彼女とでした・苦笑。
恵比寿は昔、付き合わなかった人とデートしたけど
ホントお洒落な店が意外と多いよねえ。
ぜひぜひここはオススメなので行ってみてちょ♪

TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://wavelet0918.jugem.jp/trackback/919
Trackback