S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

About
Selected Entry
Recent Comment
Archives
Categories
LINKS
Recent Trackback
Now i'm waiting for



みくし生息中
For my taste



[Bling]ブログにクチコミを書いて話題の製品やおこづかいをゲット[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

ブログでクチコミ B-Promotion
Connection
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

あわせて読みたいブログパーツ




qrcode
↑携帯からも見てね↑
<< 嵐の後のあれこれ。 | main | 泣きそうになったよ。 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
応援! ブログ村ランキング| - | - | -
write菜美
砂時計。
評価:
---
TCエンタテインメント
¥ 1,595
(2008-11-07)
両親の離婚で東京から母の実家がある島根県に移住してきた14歳の水瀬杏(夏帆)は、田舎特有の雰囲気と祖母になじめずにいたが、同い年の北村大悟(池松壮亮)らと出会い自分の居場所を見付けていく。それから12年後、東京で暮らす26歳になった杏(松下奈緒)は同窓会に出席するため、初恋の相手である大悟(井坂俊哉)が住む島根を訪れる・・・。


この映画、他の映画の予告編で主題歌がいきものがかりの『帰りたくなったよ』だということを
知って(あたしこのうた超・思い出が!)、もうそれだけで観ようと思った映画・笑。
ベタな恋愛映画かなーと思ったけど、たまにはベタな恋愛映画も観たい気分だったし?
恋愛漫画が原作だっていうし見くびってた割には、意外と重い内容の映画でしたが・驚。

まずキャスト。メインの主人公のふたりが、子どもの頃と大人になってからの2部だけど
夏帆ちゃんはナチュラルさがいいね、演技とか。 前は何となく苦手だったんだけれど、
今作ははまり役だった! そして、男の子はよくもこう似た二人を見つけられたなと!笑
夏帆→松下奈緒という成長具合は、あまり想像できないけど、大悟役は似ていてびっくり。
松下奈緒は、『未来予想図〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』(劇場で観た)でも思ったけど
同い歳に見えない綺麗さが悔しい(!)&困った感じの優柔不断的キャラが似合うね。
ただ彼女は、作品におけるラストスパートの演技が個人的にすき。 結構泣かせるし。

ストーリーは、まあベタな部分は勿論あるんだけど(そこに思い出重ねたりするわけよ)
母親の自殺とか、それ以外にも本人の弱さとか、結構ドロドロして途中脳内がぐるぐるした!
「本人じゃないと解らないものでも、どうして杏の痛みを誰も解ってあげられないの?」とか
そんなの身勝手だと思われようと、やっぱり思ってしまったし。 あたしは杏ほどには
優しくもおしとやかでもないけれど、抱え込む部分は少なからず似ていると思ったし。

そしてやっぱり思うことは、10年でもそれ以上でも 何年経っても忘れられない人はいる。
あたしもそうだし、それはそのとき自分が他の人としあわせでも 悪いことだと思わない。
それはこの映画でも語られる通り「砂時計だなあ」と思うから。 砂時計、懐かしいな。
「上が未来、真ん中が現在、下が過去」で、過去がどれだけたまっていったとしても、
自分を終わらせるつもりがない限り、ひっくり返さなければいけないのだから。
過去が未来になる、ひとつひとつの思い出があたしを創る、あの愛のお陰で今がある。

「どうしてこんなに愛しい人を、私は上手く愛せないのだろう」という杏の台詞が、
胸に響いた。「上手い」の定義は解らないし、それを決めるのは相手だと思うけれども、
きっとあたしもそうなんだろう。 だから終わってしまった愛、があったのかな とか。
でも、「こんな終わり方をするなら、逢わない方が良かった」とは 絶対に思えないし。
弱い日もあった(ある)けど、「強さは弱さの上にある」から。 さらさらと砂の様に、
手のひらから零れ落ちる時や愛もあるけれど、それらは消えてしまうわけではなくって、
きっと糧になってる。 空っぽになってしまったと思ったら、ひっくり返せばいい。

適当な人に適当に「頑張れ」と言われるのは、あたしの精神的特質を抜きにしても厭わしい
けれど、本当に思ってくれる人に「しゃんとせえ!」と涙ながらに言われるのだとしたら、
それはものすごくありがたくて、どれだけ励みになるだろうと思った。
何だかんだであったかい涙を流してしまった映画でした、やられたりーーー!笑
あ、舞台が田舎ってこともあって ものすごく風景が綺麗だったな。 あと、音楽も。
人気ブログランキングへそしてやっぱり主題歌の『帰りたくなったよ』は秀逸でしたね。
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにえいが | comments(8) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| - | - | -

Comment
まきんこ : 
2009/04/21 11:35 AM 
あたし原作読んだことないけどファンが多いよ!
個人的にドラマ見て欲しいなー☆

TOPへ
菜美 : 
2009/04/21 1:19 PM 
to;まきんこ
あたしも原作は読んだことないけど、
映画だけでも意外と重くて(錯綜する感じとか)
びっくりしたー! 自傷とか少しこっちまで
引きこまれる感覚だったし・汗。
そうそう、ドラマもあるんだよね?!
機会あらば、レンタルしてみるっ!

TOPへ
美堂 : 
2009/04/21 1:44 PM 
映画版は見てないや〜ドラマ版はハマってて全部見てました♪♪
主演の小林涼子さんも素敵ですよ☆個人的に、杏役はコッチが一番かも♪♪

ベタな内容だけど、結構良いメッセージが溢れてますよね☆
原作で文字で読むとまた分かりやすいです(^_^)v

TOPへ
菜美 : 
2009/04/21 4:27 PM 
to;美堂くん
やっぱりドラマ人気だったんだねーーー!
あたしは映画を観てから、ドラマがあることを
はじめて知ったよ(;^ω^)
「当たり前」とかそういうことが映像化されて、
忘れがちだった大切なこととかが伝わってきたよね。

TOPへ
: 
2009/04/21 10:58 PM 
こんばんは☆
砂時計は漫画が面白いと評判だったので劇場に見に行きましたっ!!
半分以上は夏帆ちゃん目当てだったのですが(笑)
女の子は杏の気持ち、分かる人が多いですよね。
そして大悟の心の広さに脱帽しました!

マンガももっと深いのでぜひ読んでみてくださいね☆

TOPへ
菜美 : 
2009/04/22 12:27 AM 
to;咲ちゃん
漫画の方、ベストセラーらしいもんね?!
夏帆ちゃん、この映画ですきになったー!笑
大悟みたいな人がいたら、それこそドラマだよね。
あんな結ばれ方、ほとんど現実じゃあないだろうけど。
漫画もぜひぜひ手を出してみるねー♪ ありがと!

TOPへ
とんとん : 
2009/05/10 11:13 PM 
私は、映画の「砂時計」の夏帆と池松君カップルが
なんとも初々しくて・・二人とも自然な演技で魅せられました。特に、池松君は演技がうまいですね。
「帰りたくなったよ」のMV(高校生編)がお薦めです!

TOPへ
菜美 : 
2009/05/11 3:37 PM 
to;とんとんさん
訪問&コメント、ありがとうございます*
ホント、あの初々しさは自分の過去においても
一度味わってみたいくらいでした!
(また、あの田舎の環境がいいんですよねえ♪)
池松くん、はじめて知りましたが ものすごく演技上手いし
同年代に当時あんな男の子がいたら、惚れてました・笑。
『帰りたくなったよ』のPVは一般のしか知らなかったので
ぜひその高校生編、探してみてみますね!(*´ェ`*)

TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://wavelet0918.jugem.jp/trackback/868
Trackback