S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

About
Selected Entry
Recent Comment
Archives
Categories
LINKS
Recent Trackback
Now i'm waiting for



みくし生息中
For my taste



[Bling]ブログにクチコミを書いて話題の製品やおこづかいをゲット[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

ブログでクチコミ B-Promotion
Connection
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

あわせて読みたいブログパーツ




qrcode
↑携帯からも見てね↑
<< 時計のない部屋。 | main | COFFRET D'OR ジューシーメモリールージュ。 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
応援! ブログ村ランキング| - | - | -
write菜美
憧れていた職業。
憧れの(憧れていた)職業は何ですか?
何気にお久しぶりな投稿が、たまっていたトラバBOXのテーマ投稿というのは、
オチが丁度、今の自分に丁度良いかしらん? と思ったからのチョイスってことで!
(ま、つまりは最後に上手くまとめますよフラグ。 あ、まとまるかは別の話だけど・苦笑)
「夢見る少女じゃいられない」な歳ですので・苦笑、憧れていた職業の方で、アンサー。

<幼稚園>
ケーキ屋さん(←王道?)か、歌手。 どちらかと言えば、後者の方が希望強し・笑。
ミポリン明菜ちゃんがだいすきで、おもちゃのマイク買ってもらってよく歌番組で
一緒にうたってたし、そのビデオ(今はデッキを捨てちゃって観られないけど)もある。

<小学生>
アナウンサー。 話すのだいすきで、児童会役員とか学級委員とかもよくやってたから
何というか、リーダーシップがあって、皆に口で何かを伝えるのが楽しかったのかも。
自分の口から発せられることを聞いて欲しい的な?(←これは今となっての分析だけど)
卒業アルバムの未来の自分へ 的なページにも「立派なアナウンサーになってる?」と
書いてあるもんな。 うん、でもなってません、当時のあたし、御免。 てか、これが現実・笑。

<中学生>
医者(エイズ治療に関わる分野か、精神科医)。 あれ、アナウンサーは? と思いますが、
中学生になって、はっきりと自分の容姿の醜さと歯並びの悪さを自覚して、こりゃ無理だと・笑。
エイズは『神様、もう少しだけ』というドラマの影響で、どうしても患者に貢献したいと思ったし
精神科医は、やっぱりこの頃から「人のこころ」というものに敏感だったんでしょうね。
中3のときの担任が大学の心理学科卒で、変わり者だったのにあたしとは相性が良くて、
よくふたりでアイコンタクトしたり、クラスの人の性格についてちょこっと談義してたし(!)

<高校生>
臨床心理士。 医者は、志望校に入学して即、理系科目についていけなくなって、
というか周りの天才的な方々にも触れ「これは無理だ」と判断・笑。 数学とか無理っ!
でも人のこころにはやっぱり触れたくて、文系からいけるとなったら心理学だな、と
自然と在籍していた大学が志望校になってましたね。(心理学が日本最大級なんだもん)
高校になってからは迷いはなかったね。 だから、浪人(宅浪)してでも入学したし。

<大学生>
大学生は、こころが病んだのもあって、正直色々と変わるんですよね。 実態が見えた、
というのも勿論の理由なのだけど。(その職業に就くための道のりやら、難易度やら。)
臨床心理士→家庭裁判所調査官医療事務→ルポライター というところまでは確実。
医療事務まではやっぱり、「人のこころに付き添いたい」という余裕があったんだろうけど、
ルポライターは大転換だよね?笑 これ、でも本気で編入試験とかも受けたからね・懐。
自分のこころに余裕がなくなって「人のこころを客観的に扱うなんて無理だ」と判断して
そのとき、あたしがやってたことって結局、読書と書くこと(ブログ)だったんだよな。
稚拙だしお世辞には変わりないと言えど、それをプロのライターさんに目をとめて頂いたり、
自分の奇異な体験(全ては書けないけど・笑)を言葉で発信することで、誰かが何かを
思ってくれたら・・・と、思ったのです。(かなり奢り昂ぶってるけどね、ひえー・謝)

と、あたしが「憧れの職業」を書けるのは、ここまで。「あれ、ライターは?」と、これまた
終わったんかい! と思うだろうけど、終わったね。 就活の最中にも色々考えたけど、
契機となる出来事があって、あれは忘れられない。 自分にはクリエイティブな仕事は、
勿論今でも憧れはものすごくあるけれど、責任持ってその世界で働いていける状態じゃないと
解ってしまって、そのときに涙とともにしゅるしゅると「憧れ」のまま終わってしまった。
あ、「憧れ」について聞かれてるんだから 別にこの回答でいいのかっ(;^ω^)

っと、そんな「憧れ」に触れてさて今の職業は?! という話ですが、これからですね。
というのも、やっと昨日静岡に戻って来ましたよーーー!(←これがオチ的な報告。)
引っ越しが終わってホッとしてる暇は、貧乏なくせして物欲の強いあたしにはありません。
憧れとは違う、今度は現実重視でさっさと働かなくちゃーーーっ てことで、今月中には。
ひとまず不定期バイトの登録には明日行って来ちゃうし。 思い立ったら即行動派ですの。

ライターに憧れてた頃のあたし、おまけ写真で見つかったから掲載・笑。
編入の勉強頑張ってたなあ。心理から文芸、超・方向転換だし。
有島武郎とか持ってるあたり、読書も純文学読みふけってた時期。
「働く」ってこの歳になると、友達の間でも結構話題になるし、考えモンなわけで。
憧れの職業に就いた友達も沢山いるし、想像だにしていなかった分野に就いた友達もいるけれど
あくせくしながらも働いてる姿は、やっぱり凛々しくて、あたしもちゃんと仲間入りしようと
背中をしゃんと伸ばさせてくれるんです。 明日はそんな友達のひとりと遊ぶから楽しみ♪
人気ブログランキングへ体のこともあるしひとまずはバイトのつもりだけど、職種ふたつで迷い中なの。
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにあんさー | comments(9) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| - | - | -

Comment
YASU : 
2009/05/08 4:35 PM 
菜美さんは、まだ若いから、
色々な可能性がありますよ。
応援クリック!しておきました。

僕は、老後の心配と、
住宅ローンを、どうやって返すかが悩みです。

ところで、9か月記念日って何ですか?

TOPへ
涼桜っこ : 
2009/05/08 5:44 PM 
あたしは、色んな夢を諦めて生きてきたんで、
せめて親友達には夢を叶えて欲しいです。

音楽、外語、作家、研究……エンバーマー。
色々、夢見たけど、今の職業には、かすりもしない!
何を考えて生きてきたの!?って感じです(苦笑)

エンバーマーは、かなり本気だったんですけどね……

TOPへ
はるか : 
2009/05/08 11:14 PM 
叶わなくても、夢見るって楽しいですよね><
きっとこれから始める仕事が菜美ちゃんの夢になるんじゃないかと思います!←ウザいですねー

だから応援してます(*´ω`*)

TOPへ
RanRan : 
2009/05/09 12:20 AM 
私は、障害者福祉→ロシア地域研究という大転換をしたんだけど、「ロシアに関係した職業」は、能力や体質の問題で憧れに終わりそうです。。。
ただ、どちらも中途半端な状態になったけれど、この大転換のおかげでたくさんの人に出会えたのはとてもよかった◎

私も物欲が強いので、図書館や家族の買い物などで荷物を重くして、衝動買いを防いでいます(苦笑)

TOPへ
菜美 : 
2009/05/10 1:21 AM 
to;YASUさん
いやーーー昔の自分と比べると歳とったなあ、と!笑
お肌なんかに如実にあらわれます、あと友達とのトークの
内容が妙に現実的だったりとか・笑。
老後はワタシもこっそり心配です(o`-ω-)
あ、9か月記念日は、恋人との交際歴です・照。
「○か月記念日」の場合は全てそのカウントですっ。

to;涼桜っこ
ホント、最初の言葉は胸に響いたなあ。
あたしも同じ気持ち。 今も大学院で頑張ってる友達とか
こころの底から尊敬してるし、応援してる。
意外と違う職に就いてるモンだよね・苦笑。
エンバーマーって職業、知らなかった! 無知!
ちなみに今日早速、アルバイトからだけど応募しちゃった♪

to;はるかちゃん
ホント、はるかちゃんは凄いタイミング!笑
丁度今日、悩んで悩んで、でもやっぱり自分の気持ちに
素直に、とあるところに応募したの。
それは前からの夢のひとつだったのだけど、
それが仕事になったらいいな・・・決まったら書くにゃー!

to;RanRanさん
ホント、結構人間学類って転換する人意外と多くないですか?!笑
あたしも心理学と教育学とあとは自分の選んだものとか
かいつまんだ状態で中途半端になったけれど、
広く学べた、という捉え方は良いかなと思ってます。
物欲がひどいあたしなのに、更に物が増えてしまいそうな職に
ついつい応募しちゃいました・・・あうう!笑
そしてクリの位置、絶対に伊勢丹に寄るパターンです・笑。

TOPへ
涼桜っこ : 
2009/05/10 3:49 PM 
エンバーマー(エンバーミング)は、
何て訳すのが正しいんだろ……
遺体修復をする人?遺体の防腐処理をする人?
死化粧師とは、ちょっと違うんですが、
そんな感じです。

私も知らなくて、高校の始めの頃だったかな、
小説で読んで知ったんだけど、
本気で目指そうと思ったのは大学1年生でした。
それから3年生の半ばまで目指していて、
その間は専門の学校に通うための費用を、
必死こいてバイトで稼いでいました。
大学を卒業した後、学校へ行こうと。
日本での需要の低さに、諦めてしまいましたが。

「おくりびと」で、近い部分がクローズアップされて、
嬉しいような、でも諦めた事を後悔してるような。
最近は、複雑な気分です。。。

TOPへ
菜美 : 
2009/05/10 8:41 PM 
to;涼桜っこ
『おくりびと』最近観たばかりだから、何となく
イメージはわいた! なるほどね・・・ふむ。
死体の本読んで、多分エンバーマーについて
書かれていて かなり考えさせられたな、最近。
日本って死体についての考えが何ていうか狭いよなー。
汚いものに触れるじゃないけど、蓋をさっさとしたい的な
そういう感じがするのが少し哀しい。
涼桜っこはでも、今の仕事をもちろん働きっぷりは
目にしたわけじゃないけど、それはそれで立派だし
あたしからしたらキラキラガールよー!

TOPへ
涼桜 : 
2009/05/10 9:10 PM 
損傷が激しすぎて、遺体を直視できなかった、見せて貰えなかったって、
前に新聞(だったと思いますが)記事を読んだ時に、
もの凄く悲しくなったんですよねー。

亡くなった事で、ただでさえ悲しいのに、見られないだなんて、
更に追い討ちをかけるような事じゃないですか。
そのショックを、少しでも和らげる事ができたら!
と思って、目指すようになったんですよ。
まだまだマイナーな事&職業ですが、
あたしが死ぬ頃には、当たり前になっていて欲しいです。

あたしの働きっぷりは、全然立派じゃないですよー。
むしろ、給料泥棒……駄目子です。
それでも明日から、また頑張って働きますぜ☆

TOPへ
菜美 : 
2009/05/11 3:33 PM 
to;涼桜っこ
確かにそうだよねえ・・・
最期の姿なのに見られないというのは、哀し過ぎる。
そして、今日も働く涼桜っこはあたしからしたら
ものすごく立派だし、給料泥棒させてくれ(コラ!)
あたしも早く働きたいなー!
まだ連絡待ちで、うずうずしてるの。

TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://wavelet0918.jugem.jp/trackback/863
Trackback