S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

About
Selected Entry
Recent Comment
Archives
Categories
LINKS
Recent Trackback
Now i'm waiting for



みくし生息中
For my taste



[Bling]ブログにクチコミを書いて話題の製品やおこづかいをゲット[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

ブログでクチコミ B-Promotion
Connection
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

あわせて読みたいブログパーツ




qrcode
↑携帯からも見てね↑
<< 謎の絶賛大不調。 | main | 雑貨市でお宝ゲット。 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
応援! ブログ村ランキング| - | - | -
write菜美
たみおのしあわせ。
評価:
---
メディアファクトリー
¥ 3,861
(2009-02-06)
父と暮らす民男(オダギリジョー)は、女性との付き合いが得意ではない青年。そんな彼が父・伸男(原田芳雄)の上司の紹介で見合いをし、見合い相手の瞳(麻生久美子)と結婚を前提にした交際を始める。優柔不断で何事も成り行きまかせの民男は無事に挙式の日を迎えるが、彼は本当の幸せを結婚に見いだすことができるのか・・・。


だいすき岩松了監督作品。とは言っても、実はあたしが彼の監督としての作品を観るのは
これがはじめて。テレビでは『時効警察』とか有名どころだけれど観てなかったし(後悔!)
もともと、あいする三木聡監督作品の中で俳優としての岩松了にどっぷりハマって、
三木聡×岩松了という必然的コンビにメロメロになって。(今作は逆に三木さんが出てる・笑)
そう言えば監督としての岩松了ってどうなんだろ? と気になって観たのがこの作品。
三木監督の『転々』もそうだったけど、オダジョーも結構お馴染みの仲間になって来たね!笑

それもそうだ、オダジョーはどんな役もこなせる俳優だけあって、彼のつくる世界にも
自然と馴染んでしまうんだわ(というのは、三木作品でもう立証済みだと思うわけです)。
今作で自然にあのダサさが馴染むのも凄い! 彼ってCMとかだと格好良いイメージだったけど、
この映画で「もの凄く和食(御飯)を美味しそうに食べる人だなあ」と意外な一面を知ったし。

まずキャスト、麻生久美子ってあまり興味なかったけど、最近よく目にする様になって
実はそこまで好感持ってなかったものの、近作で「成程・・・」と実力に脱帽しました。
自然体で透明感があって、でもそれだけで終わらないあたりが「ナイス!」と思ったね。
小林薫と、何と言っても大竹しのぶをあの役にしたのは、もうハマリ役過ぎてナイスキャスト!
ゆったりまったりな喋り方がベースだから、行動が大胆だとそれが目立ってクレイジー!
三木さんが出てると書いたけど、実は映画を観てたときは解りませんでした自分・苦笑。
エンドロールで「えっ?!」と思って、もう一回その部分を確認したという・・・やられた!笑

そしてストーリーは、何と言っていいのか・・・最初はゆるゆる系か? と思ってて。
「自然体っていいな」とか、結婚までの道のりを描く人情モノストーリーなのね? と、
ああ岩松さんはこういう感じのを描きたかったのか、とまったり観ていたのだけれど。
始まって3分の1くらいから、急に加速度が増し、「え!」という展開がズラズラ出て来て
まさかまさかの展開になっていくという! さすが岩松さん「普通」じゃ終わらないわなあ。
ゆるゆるかと思っていたけど、よく考えたら細かい状況設定とか凄くこだわっているし、
緻密な計算のもとに作られてるのね・・・と、映画が終わったときにしみじみ感心ですよ。

どこに着眼点を持っていくかが色々とできるから、一言で感想が言えないのだけれど
「この人達がしあわせになるには、こうするしかなかったのだろう」と後で思えるけど
それにしたって、その方法を実際にとる人がいたら、そしてそこに至るまでの展開が
実際にあったとしたら、何と迷惑というかクレイジーというか、たみお可哀想!笑
ただ誰もが自分のしあわせを追求して生きてるだけで、しかもそれはごく自然なことなのに、
それが交錯したり複雑に絡まったり問題を起こしたり、となると もうてんやわんやね。

しあわせは形を変えることがあるし、伸男と民男のしあわせは ああするしかなくって、
お互いがお互いを思いやった結果なのでしょう。というか、たみおが信男のために熱くなった
場面は、ちょっとじーんと来ましたね・・・ちゃんとそういう人情も入れてるあたりがミソ。

しっかし、女ってのは怖いかもと同性ながら思ったり。しおらしい女にキュンとしたのに、
まさかの計算があったりだとか、それともただ単に鈍感な男が悪いのか?
むしろ、計算高い女と鈍感な男が、気付かず気付かれずだからやっていけるのか とか・苦笑。
個人的にはすきな映画だったけど、どーしても三木作品と比べてしまう部分が否めなくて
むしろ岩松さんはやっぱり三木作品の中に出てくる役者としての姿を観たい! というエゴで
星は3つだったけれど、「しあわせ」に立ち止まったときや日常に疲れたとき、オススメ。
人気ブログランキングへ5月公開の三木監督の『インスタント沼』も岩松さん出るし、観たいーっ!
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにえいが | comments(6) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| - | - | -

Comment
ヨシ : 
2009/04/13 9:36 PM 
こんばんは。

岩松さんの事ではなくて悪いのですが、オダギリさんは、本当にご飯を食べる演技がお上手です。
箸使いも美しい。いい俳優さんですよね。

この映画、賛否両論ですが・・。
岩松さんは役者として大好きです。時効の熊本さんははまり役でしたね。

TOPへ
nao : 
2009/04/13 9:57 PM 
こんばんはぁ(^^)v
ヤフーで友達申請してからブログをたまに見てましたぁ。

いつも読んでるだけなんで、たまには足跡をペタペタ(^^ゞ

楽しく読ませてもらってます。
彼氏の桜写メ見ながら、同じ通勤ルートだなっとか思ったり(^○^)
また、寄りますね(^_-)-☆

TOPへ
美堂 : 
2009/04/13 10:02 PM 
オダジョーの映画はあんまし見たことないんで、今度見てみようかなー。。。
この映画は賛否両論多いので有名ですよね。

ラジオやりましたー☆
投票しときます!

TOPへ
菜美 : 
2009/04/15 1:52 AM 
to;ヨシさん
訪問&コメントありがとうございます*
今まであまりオダギリさんの食事シーンに注目したことは
なかったのですが(あっても和食のイメージがなくて)
今回の映画で、ものすごく「綺麗!」と思いました。
確かに、賛否両論あるだろうなあ・・・と・苦笑。
岩松ラバーのワタシでさえ、贔屓目で観ても満点とは
とても言えなかったですが、やっぱり彼は
ワタシも役者としての方がすきみたいです・笑。
今度、時効警察をDVDで借りて観てみるつもりです♪
(当時、役者や監督や映画とかにも詳しくなくて・汗)

to;naoさん
ありがとうございます! こちらこそ、yahooの方は
最近ちょっと放置し気味で反省です(o`-ω-)
わあ、似た通勤ルートだったら凄いですよね!
(ワタシは相手の通勤ルートをよく知らない方向音痴です・苦笑)
コメント、ありがとうございました(*´ェ`*)

to;美堂くん
オダジョーの出てる映画、意外と観てるかも!
もともとは監督で選んでみてた映画に出てることが多くて、
そのうち、彼の俳優としての味に気付いたというか。
(順序が違う気がするけど・笑)
ぜひぜひ観てみてね! シリアスなオダジョーもいいけど、
個人的には『イン・ザ・プール』の中のオダジョーがすき・笑。

TOPへ
may : 
2009/04/15 6:56 PM 
ずいぶん前だから忘れてしまったけど、あんなにかっこいいオダジョがダサくみえて、やはり彼は、演技派だなぁと思った。
あと、同じく岩松氏大好きっす。
上級者向け映画って感じだったかな。

TOPへ
菜美 : 
2009/04/16 2:31 AM 
to;may
そうなんだよねー、あのダサさとかうじうじさが
ものすごく自然なのが凄いと思う!
それでいて、凄くいい顔するしなあ。
(恋愛ウブなんです、みたいな・笑)
岩松氏いいよねーーーあたしは役者としての彼と
ふせえりのコンビがものすごくすきなのだ♪

TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://wavelet0918.jugem.jp/trackback/860
Trackback