S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

About
Selected Entry
Recent Comment
Archives
Categories
LINKS
Recent Trackback
Now i'm waiting for



みくし生息中
For my taste



[Bling]ブログにクチコミを書いて話題の製品やおこづかいをゲット[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

ブログでクチコミ B-Promotion
Connection
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

あわせて読みたいブログパーツ




qrcode
↑携帯からも見てね↑
<< 同じ血が流れている哀しみ。 | main | ありがとうがひとりでに。 >>
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
応援! ブログ村ランキング| - | - | -
write菜美
卒業式まで死にません。
『卒業式まで死にません』
パソコン http://nanjouaya.net/hogoshitsu/memory/index.html
ここにいるのは、特別な女の子ではありません。もしかしたら自分だったかもしれない「もう一人のあなた」です。渋谷、ゲーセン、援交、カラオケ―。青春を謳歌しているイマドキの女子高生かと思いきや、実は重度のリストカット症候群をしてクスリマニア。行間から溢れ出る孤独と憂鬱の叫びが、あなたの耳には届くでしょうか。死に至る三ヶ月間の過激にポップなモノローグ。
あたしがいちばん大事にしてる本、南条あや『卒業式まで死にません』
嘘じゃなく、今までに100回以上は読み返した。手垢と色あせと涙でボロボロだ。

彼女とこの本を知ったのは、彼女がもう死んでから数年も後のことでした。
大学2年の秋、あたしが丁度心理学や勉強や私生活に、限界を迎えてきた頃。
それでも、毎日薬をガポガポ飲んで、少し前から規制が厳しくニュースにもなった、
某精神賦活剤(覚醒剤と同じ成分の薬)まで飲んで、フラフラでも大学に通っていた頃。

授業の合間に薬の副作用でフラフラしつつ入った書籍部で積まれていて、
そのタイトルに惹かれたのか何なのか解らないけど、パッと買ったのがきっかけ。

その「きっかけ」が、まさか今の自分にここまで影響を及ぼすとは、奇跡なのか。
彼女のファンは多く、彼女の真似をしてODをしたりリスカをしたりする子も、
残念ながらいる。だから、彼女のことを良く思わない精神科医や教育者もいる。

だけれど、あたしはそうでなく、彼女に酷く救われて来た。
確かに彼女は褒められるべきでない行為も綴ってる。だけど、それは苦しみゆえ。
自分の精神の病気の苦しみ、父親(片親でした)に理解されないことの哀しみ、
将来が見えない不安・・・それは、当時も今もあたしと重なる部分があって。
あたしは辛くなると、何度も何度もベッドの中でこの本を読んだ。

それだけじゃなく、彼女は死ぬ程苦しい現状を、読者向けに明るく綴っていて
(当時はリアルタイムに、ネットで日記を公開していたのです)
そこに見える気の使い方が、傲慢にもあたしがこのブログに綴るときと似ている気とか、
何より、彼女は驚くべき文才とボキャブラリーを持つ、立派なライターなんだもの。

今でも、本屋でこの本を見つけると、つい手にとってしまう。
書いてある内容が同じなのも解ってるのに、「もしかしたらその先があるんじゃないか」
そう思ってしまって、ページ開いて、結局彼女の日記は同じ日で終わっていて。
ああ、死ぬって、これ以上ページが存在しないということなんだと、知ったんだった。

今あたしが通っている病院は、あやちゃんが生前通っていた病院だってことも
(これはあたしが敢えて真似したのではなく、半年後くらいに知った偶然!)、
はぐちゃんと一緒に、去年の夏頃、あやパパのレストランに行ってパパやHさんに逢えたのも、
生前の彼女の友達だった方に、本に書かれている嘘の部分を教えてもらえたのも、
あたしは、きっと彼女を知るようにできていたんじゃないかと思うくらいに。
彼女は、あたしに並々ならぬ影響を与え、生きる力をくれました。

と、今日この本を紹介したのは、彼女の命日が今日3月30日だから。
毎年、この日になるとあたしは、あやちゃんのことを日記に書く。
非難する人が多いのも解る、それでもあたしは、彼女の本を多くの人に知って欲しい。
彼女のような人がいたことを、彼女の様な苦しみを抱えている人がいることを。

死ぬとはどういうことかということを、本を読みきったときにきっと
ぽかーんと感じるから、少しグロい表現が「普通」の人にはきもち悪いかも知れなくとも。

あやちゃんに憧れて、カジュアルにリスカやODや自殺をする人がいなくなることを。
(ちなみに、あやちゃんは自殺ではなく推定自殺だったんだよ、ほんとは)
それだけはあたし、祈るし、訴えていきたいから。

あやちゃん(本名・鈴木純さん)、あなたはもうエンターテイナーメンヘラで
いなくていいから、ほんとのあなたのまま、空の上で笑って生きていてください。
いつか、逢いに行ったときには、あたしはあなたに、逢いたいです。


音声が出ないのが残念だけど、生前の彼女の貴重な(唯一の)動画。
彼女は当時(1990年代)、ネットの世界でカリスマメンヘラアイドルだったのでした。
その頃あたしはつゆ知らず、こんな将来を想像だにしていない、中学生でした。

ちなみに、あやパパのハンバーグはあたしの23年間でいちばん美味でした、びびりますよ!
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにどくしょ | comments(8) | trackbacks(0)
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| - | - | -

Comment
かりん : 
2008/03/30 11:30 PM 
1冊の本でそこまで作者の世界が広がっていくって、すごいことだよね。
菜美ちゃんにとって、
忘れられない、忘れちゃいけない大切な人なんだね。

例え嫌っている人がいようとも、
彼女の存在によって生かされていると知ったら、嬉しいんじゃないかな。

もうちょっと楽になりましょ☆

TOPへ
まきんこ : 
2008/03/31 1:44 AM 
あやちゃんが動いてる!!涙

あやちゃんは本当に苦しんでたんだよね
逃げ道のない迷路
どこに行けばいいかわかんない
自分が生きていることの意味、証、存在わからない

簡単に言葉に表現できないことを彼女は明るく綴って

救いたかったとかそんな大それたこと言えないけど
生きる道もあったとかも思うけど
あたしはやっと楽になれたんだね辛かったね苦しかったね
生きようとする自分と葛藤して。
って言葉を伝えたいよ。
あくまでも推測で彼女の心は彼女しかわからいけれど…


奇しくもあたしにとって3/30は別の事で凄く特別な日でさ。
次会った時話すね。よく言えないかもしれないけど。
菜美に聞いて欲しいと思ったんだ。

TOPへ
菜美 : 
2008/03/31 11:41 AM 
to;かりんちゃん
死んでもう何年も経つのにいまだにファンがいたり、
コミュでも皆が追悼したり・・・すごい存在だったんだな。
だけど、そんなに皆に生前も愛されていたのに死んだ、
結局、孤独って誰もが抱えてて、皆は気付けないものだとか
色々と彼女の本や死から学ぶことがあって、救われたり。
きっとこれからもずっと、あたしは彼女を忘れないな。

to;まきんこ
あの本、もういっさつ買うべきかってくらいボロボロ・笑。
ほんとは今も読みたいのにつくばに置いてきちゃって・泣。
あやパパとレストランで話したとき、あやパパは
医療ミスだって言ってて。確かにあたしも今は、
自殺というか多分不本意な推定自殺だと思ってるの。
(アレ以来、うちの病院血液検査頻繁になったんだよ・笑)
だけど、何にせよあやちゃんが楽になれたのなら、
あたしも、こころから「元気でね!」って言いたい。
そして、まきんこのそんな特別な話してくれるなんて
すごく畏れ多くもうれしいよ。
ほんとに、スケジュール帳見て、逢う日までカウントしてる。

TOPへ
心々愛 : 
2008/05/03 3:03 PM 
はじめまして。

私も南条さんの本を読んだ事がありました。というか,本持ってます。

今でも,南条さんは生きているんじゃないか?という考えが浮かんだりします。

でも,更新されない南条さんのHPなどを見るたびに,もう南条さんはこの世にはいないと,思い知らされます。

動いている南条さんを見れて嬉しいです。
そして,もうこの世にはいないと思い,悲しくもなります。

画像を見ていて,涙が止まりませんでした。
悲しくて悲しくて,でも今更どうしようもないですよね。

私は,とりあえず,南条さんを思いながら,今を精一杯生きるという,ありきたりな考えしか思い浮かびません。

でも,今私が出来ることをやろうと思います。

なんかぐちゃぐちゃな文でごめんなさい。

でも,私の思ってること,誰かに聞いてもらえることが出来て,嬉しく思います。

TOPへ
菜美 : 
2008/05/04 2:55 AM 
to;心々愛さん
はじめまして、コメントありがとう!
あやパパが言ってたんだけど、あやちゃんのことを思って
「生きよう」と思ってくれる人がいることがうれしいって。
だから、あたしも逢ったときに「あやちゃんのおかげだ」と
伝えたら すごくうれしそうだった。
心々愛さんのような読者さんがいること、
きっと あやちゃん すごくうれしいと思う。
あやちゃんの分まで、生きて生きてやらなくちゃね★☆

TOPへ
mio : 
2008/05/12 12:11 AM 
私はこの本を手にしたのがけっこう遅かったかな。タイトルだけは聞いたことあったけど、あまり本屋でも見かけなかったから。
私は古本屋で買いました。

私はこの本、かなり鬱で落ちてる時に読んだかな。ちょうどODした後に。後にもこれが一度きりだったけど、この本に出会うまで中学の時からリスカ繰り返してた。
この本読んでほんと恥ずかしくなりました。
死ぬ気もないのに傷作るのに満足してたんかって。
すごい偶然だね。私も生前あやちゃんと関わってた人に会いたいな。

TOPへ
菜美 : 
2008/05/12 5:54 AM 
to;mio姉
あたしも落ちてるときに読むことが多いんだ、もう何度も。
生きたい人こそ、リスカするんだよ。
だから、mio姉が死ぬ気もないのにリスカしてたこと、
全然恥ずかしいことじゃないし むしろ褒めたいよ。
そうやってリスカしてても、今生きてること。

TOPへ
ちゃき : 
2011/02/11 10:40 PM 
南条あやさん(本名:鈴木純さん)の本を一度も
読んだ事はありません。
でも一度でも読んでみたいです。
何故、彼女が死んでしまったのかがわかりません
南条あやさんのサイトをのぞいてみました
18歳という短い生涯を迎えてしまったのは残念で
なりません。苦しんでいたんだね・・・。
辛い思いをしてきたんだね・・でも天国でも
笑っていてね・・・。
南条あやさんの画像をみましたけど
自分も辛くて号泣しました・・。
南条あやさん、辛い事は忘れて明るくね!
元気でね!いつまでも見守ってね

TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://wavelet0918.jugem.jp/trackback/294
Trackback