S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

About
Selected Entry
Recent Comment
Archives
Categories
LINKS
Recent Trackback
Now i'm waiting for



みくし生息中
For my taste



[Bling]ブログにクチコミを書いて話題の製品やおこづかいをゲット[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

ブログでクチコミ B-Promotion
Connection
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

あわせて読みたいブログパーツ




qrcode
↑携帯からも見てね↑
writeスポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOPへ
応援! ブログ村ランキング| - | - | -
write菜美
Alright!!。
JUGEMテーマ:Superfly
相変わらず観ているフジテレビのドラマ『BOSS』 、かなり今クールで面白いと思うのだけど。
このドラマのお陰で、あたしはSuperflyの音楽にも注目する様になったんだよね。
Superflyはこのドラマのオープニングとエンディングを手がけているのです♪)

前にも書いたけど、エンディングテーマの『My Best Of My Life』が凄く気に入ってしまって、
それからSuperflyの音楽の幅広さを感じるようになったの。
Vocalの志帆ちゃん、可愛い顔して もの凄くパワフルだったり、しっとりとうたいあげたり 凄い!
それはこのドラマのオープニング曲とエンディング曲の違いからも凄くわかることで。

『My Best Of My Life』がしっとりと壮大なうたなのに対して、オープニング曲でもある
『Alright!!』は、ロックでものすごく元気なうたなの。 パワフルというか、エネルギッシュ。


PVもCGがフルに使われていて、ファンキー? サイケ? な感じがまた味があるし、
インパクトがあるんだわ。 このうた、イントロ部分が流れるだけで「!」とすぐにわかるし、
サビの志帆ちゃんの声の張りや声量もものすごいから、気持ちいいんだよね。
テンション低い朝とかに聴いたら、その日いちにち頑張りますか! ってな気持ちになりそう。
タイトルからして『Alright!!』と、何て前向きなんだ だしね?笑

ドラマを知らない人も、よってこのうたを知らない人も、注目だよーーー♪
最近Superflyの勢いって凄い気がする。 独特のファッションや髪型も注目あびる所以かな?
 
人気ブログランキングへ雨の日とか気分が滅入る日の朝は、こういう元気なうたでエネルギーチャージ!
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにおんがく | comments(4) | trackbacks(0)
write菜美
hideのベストアルバム。
最近、移動手段は専ら自転車だから、その際に結構音楽を聴いているのだけれど、
あたしは色々なアーティストを聴いてみたくて、そのとき便利なのがベストアルバムで。
だって、かいつまんでそのアーティストの代表作が聴けるから、特徴とかが掴めるし?

で! 気になってたアーティストのベストアルバムが出るというから、早速チェックしていて。
誰かって、あまりにも有名だけどhide(故人ですね)のファン投票ベストアルバムで、
『We ハート hide 〜The Best in The World〜』という作品(4月29日発売だよ)。

このアルバムの凄いところは、世界中からリクエストを募ったところだと思うんだわ。
日本人アーティストだったのに、死してなお今も世界で愛されてる存在って凄いと思うし、
高校時代、あたしが片想いしていた人も彼のことをリスペクトしてよく聴いていて(懐かし!)
それに、ファンにとっては、亡くなった彼の新しいアルバムが出るってうれしいことだよね♪

収録曲と票数(←これが発表されるのはリアル感があっていいよね!)は以下の通り。
1位 ROCKET DIVE 1470票
2位 ピンク スパイダー 1130票
3位 TELL ME 1034票
4位 MISERY 796票
4位 ever free 796票
6位 DICE 723票
7位 DOUBT(MIXED LEMONed JELLY MIX) 707票
8位 Beauty & Stupid 619票
9位 Junk Story 472票
10位 HURRY GO ROUND 408票
11位 FLAME 406票
12位 In Motion 370票
13位 HONEY BLADE 364票
14位 MISCAST 315票
15位 DAMAGE 286票
16位 BACTERIA 283票
17位 SCANNER 276票
18位 LEMONed I Scream 263票
19位 EYES LOVE YOU 252票
20位 GOOD BYE 225票

あたしはこの中で上位5曲&8位&10位しか、hideのうたを知らないのだけれど、
動画を観て(PCの方は是非!)久しぶりに聴いたら、もっと聴いてみたくなったんだよね。
それにこのアルバムのいいところは「ファン投票」で曲を決めたところだと思うの。
ファンがいちばんhideのうたの良さとか名曲を知ってるし、あたしみたいな素人にも
聴いて失敗のないチョイスになってると思うし。(ファンは選ぶの大変だっただろうなあ!)

ということで、あたしもこちら、ちょっとチェックしてみようと思ってまするん♪
詳しいことが知りたいという方、詳細はこちらのHPでチェック!!! ですよん。

人気ブログランキングへhideってホントに今でもカリスマだなあ、って思うし凄い存在だったんだね。
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにおんがく | comments(8) | trackbacks(0)
write菜美
My Best Of My Life。
春になって新ドラマが始まって、あたしも幾つか観ているドラマがあるのだけれど、
その中のひとつが、フジテレビ系列の『BOSS』というドラマ。天海祐希さんの演技がいいし、
何よりだいすきかつ憧れの戸田恵梨香ちゃんが出てるから(`・ω・´) 可愛いのーーー!

っと、ドラマも面白いのだけど、ドラマを引き立てるものって主題歌だと思うのね。
このドラマの主題歌はSuperflyの『My Best Of My Life』といううたで。
実は、最初聴いたときクレジット見忘れて「これ、誰がうたってるんだろ?」と気付かなくて。
というのも、売れた前作であたしのSuperflyへの印象は「明るいパワフルなうた」が味、
という固定観念の上に形成されちゃって。 それがあまり得意ではなかったの(失礼・汗)。

でも、今作を聴いてガラッと自分の中での印象が変わったなーーー勿論良い方向へと。
PCの方は(というか是非PCで!)、下記に貼り付けたPVを是非聴いて欲しいのだけれど。
PV自体にも映ってるピアノの音色から始まるイントロが、もう既に印象的に頭に残って。
「元気!」というイメージがあったのに、まさかこんなに壮大で穏やかで綺麗な音が
彼女のうただと思わなかったから正直びっくりで。 しかも、はじめてしっかり聴いたけど
声の力強さ・メッセージ性はそのままに、PVやうたは綺麗というか穏やかさも出してるのが
ものすごく聴いていて心地良くて気に入った! 食わず嫌いならぬ聴かず嫌いは良くないね・汗。
ドラマも面白いけれど、それを盛り立ててくれるこのうたもきっとヒットするだろうなあ!

人気ブログランキングへ声がまたのびやかだから、聴いていて耳に気持ちいいなあ、と思ったなあ。
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにおんがく | comments(0) | trackbacks(0)
write菜美
GIRL NEXT DOOR。
評価:
GIRL NEXT DOOR
エイベックス・エンタテインメント
¥ 3,000
(2008-12-24)
01.Winter Game
02.Drive away
03.Power of love
04.幸福の条件
05.WINTER MIRAGE
06.情熱の代償
07.Fine after rain
08.Breath
09.Day's...
10.ESCAPE(Album Edit)
11.Winter Garden
12.Climber's high
13.NEXT DOOR
14.偶然の確率(Album Edit)




これは好みが分かれると思うのだけど、ワタシ、デビューしたときからもう既にすきで!
(デビューシングルはちなみに、『偶然の確率』です。聴いたことある方も多いんじゃ?)
何ていうか、avex系の歌手って カラオケでワタシが声量的にうたいやすいんだよね・笑。

このGIRL NEXT DOORは、歌詞とサウンドの融合があってはじめて認めるタイプのワタシが、
正直歌詞(ボーカルの知紗ちゃんが書いてるんだけど)に移入することは滅多になくて、
それよりも明らかにメロディと編曲(サウンド?)に一目惚れならぬ一耳惚れしたの。
もちろん、知紗ちゃんはワタシ的に顔も声も好みだけど、歌詞はまだ若い感が否めず。

つまり、何が言いたいかというと、ワタシはメンバー(キーボード)であり、ガルネクの
作曲者であり編曲にも関わる、鈴木大輔という人物の才能が ものっすごくすきなの。
それはもーっと昔からで、このグループはいまやバラエティでお馴染みのmisonoがかつて居た
day after tomorrowに似てるじゃん!」って声もよく聞くけれど、そりゃそーですよ。
デイアフの作曲(メンバー)をしていたのも鈴木さんだから。デイアフもすきだったの。
CDを買う程のファン とまでは言い切れないけど、両者ともレンタルして全曲うたえる。

鈴木さん、バラードからポップなものまで、幅広いの。おまけにガルネクに関しては、
もっとパワーアップして、本人も言ってたけど 使ってる音楽の機材が凄いんだって。
ガルネクを初めて聴いたとき「懐かしい!」と思ったのだけど、そういう90年代かもっと前の
機材やテイストと、最新の機材やテイストをミックスして「どっちともとれる!」的な
そういう音楽をしている、と本人が前にテレビで言っていて「なるほど!」と唸った。

それから、まあこれはavexが力と金を注ぎ込んでいるからこそできることなのだろうけど、
どのシングルもPVがものすごく凝ってるの! だから、PV集つきの初回版がオススメ。
そして、このアルバム、当然ながら捨て曲がないし、知紗ちゃんもデビューまでに長年、
苦労やレッスンを積んできただけあって声を曲に合わせて変化できるし、個人的にラブ。
最近は1曲目の『Winter Game』がいちばんすき(PCの方は下の動画でどぞっ!)
ちなみに、このアルバム 全曲タイアップって・・・すげぇーーー! (o`-ω-)

知紗ちゃんってどんな髪型も似合うし細いし、ワタシがなりたかった・爆。
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにおんがく | comments(3) | trackbacks(0)
write菜美
阿部真央。
阿部真央 パソコン http://www.myspace.com/abemao

CyberBuzzの紹介で知ったのだけれど、
ワタシが個人的に贔屓してるポニーキャニオンから
(aikoがポニーキャニオンだからね・笑)
期待の新人が出る! とのことで。
それが、左の写真の阿部真央(あべまお)ちゃん。

こんなに大人っぽい顔して、驚くべき18歳・・・
24歳のワタクシ、びっくりしてしまいましたよ・汗。
驚くのは外見だけじゃなく実績。高2でティーンズ・ミュージック・フェスティバルに初出場して、
大分大会で大賞とってるし! 全国大会で奨励賞を受賞するとか、賞とりまくりなの彼女。
昨年もデビュー前(08年10月)なのに“i Tunes Music Store『今週のシングル獲得』”で
合計10万ダウンロードを記録しちゃってるとか・・・どれだけ注目集めてる新人なんだ!

今年度もYahoo!ミュージック年間プッシュアーティストに決定したり、
かの有名な「CDTV」の1月度のオープニングテーマに決定したり、
スペースシャワーTV「グリコポッキー」CFソング、1月度POWER PUSH! に決定したり、
可愛い顔してここまでやるとは・・・と思って、邦楽ラバーなワタクシ、聴いてみました。

デビューアルバム『ふりぃ』が2009年1月21日(もうすぐ!)にリリースされるということで、
そのアルバムのタイトル曲『ふりぃ』をここから視聴してみたのだけど、感想を言うと
サウンドがものすごくポップで心地よいロックというか、幅が広いの 1曲の中で。
それは彼女の声も同じなのだけど、低音と高音の使い分けや 甘さと強さの声の使い分け、
それが18歳とは思えない表現力! 曲は、サビへの盛り上がり方がかなり気に入ったし。
アルバムタイトル通り“Free”な表現力、可能性を感じる彼女、ちょっと気になるー!
新人さん発掘ラバーな方も、邦楽ラバーな方も、そうでない方も、視聴してみてはいかが?


彼女がギターかき鳴らしてうたってる姿を見てみたい、というかワタシもうたいたい!笑
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにおんがく | comments(4) | trackbacks(0)
write菜美
woman with LOVE。
無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
レビューブログからの紹介で、『woman with LOVE』というアルバムを知ったのだけれど
音楽だいすきなワタシは、視聴してみて ものすごく今気になっているアルバムなの。
カバーアルバムって最近多いけど、このアルバムはカバー曲が多いだけじゃなくて、
オリジナル曲もあるし、何より“女性のためのアルバム”とうたってるところが、ラブい!

ちなみに、アルバムの収録曲は以下参照。ワタシのすきな邦楽曲もあって、狂喜!
01.誰より好きなのに(古内東子)
02.PRIDE(今井美樹)
03.Eternal Flame(Bangles)
04,サントワ・マミー(シャンソン)
05.M(プリンセス プリンセス)
06.あなたからキスして(オリジナル)
07.My Funny Valentine(JAZZ)
08.Unnamed Part(オリジナル)
09.Fly Me To The Moon(JAZZ)
10.ミルクティー(UA)
11.愛の讃歌(シャンソン)
12.Frozen Flower(オリジナル)
13.woman with LOVE(オリジナル)

うたい手は、Ryu Miho(柳 美帆)さんという、上の写真のチャーミングな女性で、
ロサンゼルス生まれだけあってものすごく英語が綺麗だし、癒される様な流れる声なの。
知らなかったのだけれど、ボサノバ・ジャズ・ポップス・エレクトロニカの融合で生まれた
クリエイティブ・プロジェクトの『Bossatronica(ボサトロニカ)』のボーカルさん。

ワタシ、最近ストレスフルだったのかな? 苛々する場面がものすごく多くてお疲れ様で。
年末年始だし、色々とやるべきこと・やりたいことがたまって、潰されそうだったのかな。
でも、彼女のうたう『PRIDE』とかを聴いたら、苛々した気持ちは あら どこへ?
女性のためのアルバム っていうのが、ものすごく励みにも癒しにもなるなあ と思ったなあ。

ワタシがよく行く「Cafe&Bar PRONTO」の東銀座店・品川店にてLIVEも開催するみたいだし、
視聴して気に入ったら、ぜひぜひもっと彼女のワールドに踏み込んでみてはいかが?!
また、“woman with LOVE”というタイトルが、何かいいよねえーーー (*´ェ`*)

ひとつのうたも、アレンジやうたい手が変わるとイメージ変わるよね!驚
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにおんがく | comments(2) | trackbacks(0)
write菜美
SUPERMARKET FANTASY。
評価:
Mr.Children
TOY'S FACTORY Inc.(VAP)
¥ 3,520
(2008-12-10)
01.終末のコンフィデスソング
02.HANABI
03.エソラ
04.声
05.少年
06.旅立ちの唄
07.口がすべって
08.水上バス
09.東京
10.ロックンロール
11.羊、吠える
12.風と星とメビウスの輪
13.GIFT
14.花の匂い



やっと聴けたよー! ミスチルの超・久しぶりのアルバム『SUPERMARKET FANTASY』!
先日、恋人が送ってくれた初回版、今日の夜には返すから 歌詞カードと堪能してます。
ワタシは、「ミスチルファンなの」と言えるには程遠いレベルで。シングル知ってるくらいだし、
アルバムも幾つかかいつまんで聴いたくらいだったのね、今までは。
だけど、最近のミスチルは どうもワタシを刺激し過ぎだったから、このアルバムだけは
シングル以外の部分にも自然と期待できたし、絶対にじっくり聴きたかったんだよね。

前作の『HOME』は、後ろにいけばいく程に味が出るうた って構成な気がしたのだけど、
このスパファン(と略しちゃう・笑)に関しては、一定の盛り上がりとも言えないけど、
飽きが来ないうたの構成になってる気がしたな。全体的にポップな感じはするけれど、
もちろんしんみりする曲もあるわけで、でも そのうたの持って来る位置とかが緻密!
個人的には、最近ぐわっ! とミスチル信仰が高まった『HANABI』→『エソラ』の流れが最高!
散々泣いた『花の匂い』がラストを締めくくるのも、今でこそ泣かないけど、素晴らしい。

桜井さんが、今作についての想いを語ったテレビ番組は幾つも観たけれど、それをワタシが
ここで語れる程にはまだ彼の考えを消化しきれていないと思うのだけど、やっぱりいちばんは
「聴いてみて下さい!」ということ。 音楽の楽しさ、可能性、言葉の深さ 全部まるごと。
ワタシはちなみに、3回は確実に聴かなくちゃ と思ったね・笑。まず、桜井さんの声でしょ?
それから、2度目は歌詞、3度目はだいすきな小林武史の編曲とかオケとかの音 を聴くため。

このアルバム、デザインもホントにカラフルで 女の子がものすごくかわゆい!
赤いくつにポンポンのついたレッグウォーマーはいて、飛び上がる姿にキュン(そこかい!)
そんなこのアルバムのジャケットとかが満載かつ、ワタシの今すごくすきなうた『エソラ』、
PCから観ている方は、ぜひぜひPV載せておくので「聴いてやるか」と、お耳傾けてね。

それにしても、前の桜井さんって目を閉じて熱唱してるイメージがあったのだけれど、
最近歌番組に出ると、目を開いて 誰かに届ける様にうたってるのが、グッと来る。
FNS歌謡祭のときの『HERO』うたってるときに感じたけど、ホント他のアーティストが
客席から圧倒されてたし、完全にあの会場を自分達のモノにしていた彼らが、凄かった。

初回版は、このアルバムの中のシングルのPVが入ってるよーん!
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにおんがく | comments(8) | trackbacks(0)
write菜美
ayumi hamasaki concert tour 2000 A 第1幕。
評価:
---
エイベックス・トラックス
¥ 4,032
(2000-09-13)
先日某中古SHOPにて105円という安さで迷わずお買い上げした、あゆのビデオ(←今更?)
でも、いーのいーの。あたしんち、DVD観られるのノートPCだけだし、上京学生の必需品
テレビデオで再生した方が、巻き戻しとか楽だから便利だし、なんたって105円は ね!

ということで、早速観ました。 というか、正しくは、観ながらうたってました・笑。
「若い!」と思うのも当たり前、2000年って、今から8年も前のあゆなんだよね。
おまけに、初の全国ツアーの模様だし、パッケージの左手薬指に堂々と存在している
カルティエのラブリングは、今となっては彼女とあの人の過去を思い出させるものだし。

最近、恋人と一緒に数年前のあゆのツアーのDVDを観たばかりだったのだけど、
それと比べると、やっぱりこの頃(初の全国ツアー)は、まだ演出もおとなしい。
とは言えど! 衣装へのこだわりや、彼女ならではのエンターテイナー的SHOWは、
あたしが観慣れているaikoのそれとはまた別物で、どちらがいいとかじゃなくて
avex色が出ていて、これはまたこれで「やっぱり凄いなあ」と思わされるものでした。

とにかく多い衣装替え! あたしは、とりたてて“浜崎あゆみ信者”というわけではないけど、
デビウのときから彼女を観てきたし、なんだかんだアルバムもシングルも全部知ってる。
だから、この当時の若いあゆは、やっぱり可愛いと思った! ミルクティー色の髪とか
あたしもしてみたいけど、絶対できないし(似合わないもん・泣)。前髪ぱっつんとか、
ポニーテールとか、彼女がやると「似合う」と思ってしまうのは、やっぱりカリスマ性。
ミニドレスも、ふわふわしたドレスも似合うし、アンコールの着物も素敵だったし。

曲的には、懐かしい! の一言だったな。 ほとんどが、シングルだったからってのもあるし、
多分、今よりももっと“大衆的”に、あゆが勢力を増していた頃の曲だからこそ かな?
最後の『Who...』は、あたしの思い出の曲ってことを抜きにしても 泣けるねやっぱり。

そして、昔雑誌のインタビューで読んだけど、このツアーが終わる頃くらいに
あゆって引退を考えていたんだよね。だから、もしかしたらこのツアーは彼女にとって
最後のツアーになっていた(そうするつもりだった)かも知れなくて、それを考えると
彼女が最後のMCで泣いている姿とかも、ただの感極まっての涙だけでなく もっと別の
彼女にしか解らなかった気持ちや涙 と今だからこそ捉えることができて じんと来る。

中1の頃、まだ駆け出しの彼女の歌詞に見える痛みと、彼女の当時の声の透明さに
「何だこの歌手とうたは!」と思ったときの衝撃を、今でも忘れられない。
ファーストアルバムが当時の元旦くらいに発売で、寒い中買いに行っては、文字通りに
すりきれるんじゃないかってくらいに聴きこんで、どんだけ救われていたことか。

彼女は、痛みを知っている。 同じくらいに、あいだとか友情だとかの大事さも知っている。
だから、ファンとまで胸張って言えなくても、いまだにあたしは彼女を追いかけているし
うたい続けていって欲しいと思うんだわ。 周りの評価や売り上げがどうなろうとも。
・・・と語っちゃったけど、とにかく懐かしくて、若々しいあゆを観る価値はありっ!

それにしても、ものすごく破格で入手できたワタシってしあわせすぎるーーー!
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにおんがく | comments(2) | trackbacks(0)
write菜美
ハートに火をつけろ。
『ハートに火をつけろ!』 パソコン http://item.rakuten.co.jp/guruguru2/ksbl-5778/
01.浸食−lose control−
02.birth!
03.forbidden lover
04.fate
05.LORELEY
06.花葬
07.虹
08.Promised land
09.milky way
               10.HONEY
               11.Shout at the Devil
               12.snow drop
               13.DIVE TO BLUE
               14.あなた
L'Arc〜en〜Cielの98年のツアーから、大阪ドームと代々木第一体育館の模様を収録したのが
この『ハートに火をつけろ!』。 いやーーー、久しぶりに観て、タイムスリップ!

あたしがラルクをすきな全盛期は、中学の頃で、まさにこの頃なんだけど
このツアーが始まる少し前に、熱高まってピークを迎えて情報収集して、
「何、今ツアー中? チケットは? 行きたい行きたい!」と思っていたら、
そう思ったその日が、静岡市民文化会館(地元)での公演日だったという思い出・苦笑。

コンビニ限定の、このツアーのポスターセットだけは急いで予約購入して、
何十枚ものポスターの裏に各会場でのMCとかが書いてあって、超レアで高かったな。
(そんなポスターも今は、いつの間にか母親に捨てられているという (o`-ω-,))

ラルクのツアーとか、ファンだとか言ってるくせにいっかいも行けたことなくて
だから、こうやってDVDで観るんだけど、それだけでも興奮するんだよね。
これは、丁度ラルクが“大衆的”に爆発的に売れてた頃だから、余計に
時間が経ってもそのときのメンバーの髪型とか衣装とか、超・覚えてるのが楽しくて。

曲的には『Promised Land』と『Shout at the Devil』あたり、かっこえーーー! と思った。
アルバムで言うと、『HEART』収録曲だけど、このアルバムがすっごくすきだった(今も)ゆえ、
懐かしさで興奮。後者とか、学校や親に対して理不尽なことを感じたりしたときに、
当時はいい子ちゃんで口に出し辛かったあたしだから、部屋で大音量で聴いてたな・笑。

そういう、ツアーテイストでぐあーーーっとテンポもペースアップするような
激しいのもいいけど、やっぱりラストの『あなた』には わーーーーって会場の声と
同じくらいに、始まるときには胸たかまったし、聴いてたら泣いた(痛い?笑)
今のラルクがうたってくれたらもっと泣けると思うんだけれど、当時のラルクでも
やっぱり『あなた』は外せない珠玉のバラードで、凄い・凄いなあ・・・と。

画面を通してでも、これだけのめり込んで観戦した気分になったんだから
やっぱり生でツアー行きたい欲は募るばかり。(いつもチケ取れないんだけど・泣)
時代を随分経たのに、見た目的格好良さは衰えてないし、色も失ってないし、
やっぱり最後で泣いたときに、あたしってラルクすきなんだなあと知らされたな。

ちなみに、このDVDは途中のつなぎ場面でのオフショット映像の編集が面白い!
上手く言えないんだけど、とにかく馬鹿げていて、可愛くて、笑えます。
こういうセンスもすきなんだわ。あーー全部DVDコンプリートして観たくなった!

一時期離れてたけど、戻って来た。やっぱりずっと、あたしは彼らに魅了されたままかぁ。
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにおんがく | comments(6) | trackbacks(0)
write菜美
I LOVED YESTERDAY。
『I LOVED YESTERDAY』 パソコン http://item.rakuten.co.jp/ajewelry/srcl-6766b/
01.Laugh away
02.My Generation
03.Find me
04.No way
05.Namidairo
             06.Daydreamer
             07.Love is all
             08.I will love you
             09.We will go
             10.OH YEAH
             11.My friend
             12.LOVE & TRUTH
             13.Am I wrong?
発売日に予約して、きっちり買ってあったYUIの『I LOVED YESTERDAY』の初回盤
aikoの『秘密』に没頭し過ぎていたせいか、今頃ようやくしっかりと聴き終えた。
これで3作目のYUIのalbum、初回盤は武道館ツアーのときの4曲を収録したDVD付きね。

未だMD派なあたしには、配信限定シングルの『Laugh away』が収録されてると、
それだけで、ファン云々よりも買った価値や意味は大いにありあり! だけど、
1st『FROM ME TO YOU』や、2nd『CAN'T BUY MY LOVE』と比べると
コアになったなーーーというか、シングルとそうじゃない曲の差が歴然なの。

1stとか2ndは、シングルカットできるんじゃね? って曲が多かったけど、
今回に限っては、YUIさん、album曲に色々とぶつけてる様な気がする。
昔よりも売れるようになったけど、はじめて今回album聴く人もきっと多いはずで
その人達に「アタシ、意外と大衆向けじゃないよ?」と突き放すような。

シングルは受け入れられやすい(タイアップ曲ばかりだし)けど、
他の曲は多分、「YUIいいよねー」程度の視聴者には無理がある気がする。
それだけ、YUIが好き勝手やってるイメージ、個人的なalbumにしたって印象。

それをあたしが受け付けるかどうかってのは、また別の話だけれど(悩み中)、
シングルで散々事務所のいい様に操られてる分、こういうところでぶわっと
すきなこと・音をベラベラやっちゃうYUIは、きらいじゃないけどね。
(じゃなきゃ、7月のツアーにも行かないっすよ、わざわざ高い金出してまで)

なんだか皮肉めいたレビューになっちゃった気がするけど、
いちばんはじめからすきだったからこそ、ついつい辛口になっちゃうのかな?
でも、見守ってるし、まだすきだよYUI。もうちょっと聴いてみる。
なんかね、まだ数周したくらいじゃ、からだに浸透して来ないのって久しぶりで。

YUIのインタビューを何かの雑誌で読んだけど、随分と葛藤があるみたいだったんだもん。
TOPへ
応援! ブログ村ランキング| こころにおんがく | comments(2) | trackbacks(0)

/ 1/2PAGES / >>